search Global

沿革

日野自動車の歩み

創業以来、日野自動車は人や物の移動を支え、技術や商品、サービス、そして日野自動車自身も進化し続けてきました。原動力となっているのは、いつの時代も物流や交通を通じて社会を、そして人々を支えていく、という変わらぬ思いです。
この変わらぬ思いを胸に私たちは、今後もお客様のビジネスを支え、社会に貢献して参ります。

1910-1941
ゼロからの挑戦

1910

「東京瓦斯工業株式会社」(当社の前身)設立

東京瓦斯工業株式会社 全景

1913

社名を「東京瓦斯電気工業株式会社」に改称

1917

純国産トラック「TGE」の試作に成功

TGE-A型トラック

1919

さまざまな「TGE」型トラックを開発

1930

バス製造に進出
日本初の公営(鉄道省)路線バスに採用

TGE-MP型バス

1937

同社自動車部は「自動車工業株式会社」および「共同国産自動車株式会社」と合併し「東京自動車工業株式会社」を設立

1941

「ヂーゼル自動車工業株式会社」と改称

1942-1960
大量輸送時代の進展とともに

1942

「日野重工業株式会社」を設立

日野重工業株式会社 全景

1946

戦後初の開発製品大型トレーラートラックを完成

T10・20型トレーラートラック

1946

社名を「日野産業株式会社」に改称

1947

日本初のトレーラーバス発売

T11B・25型トレーラーバス

1948

国内の自動車メーカー初製販分離
「日野産業株式会社」から「日野ヂーゼル工業株式会社」、「日野ヂーゼル販売株式会社」へ

1949

東京証券取引所へ株式上場

1950

大型ディーゼルトラック・バス(単車型)を生産開始
我が国初のトロリー・バスを発売

TR型トロリーバス

1953

国産初のセンターアンダーフロアエンジンバス
箱型バス「ブルーリボン」発売

BD10型ブルーリボン号バス

1953

「ルノー」との技術提携 乗用車生産を開始

ルノー 4CV

1958

日本初の前輪2軸のキャブオーバー型10tトラック発売

10tトラック「TC10」

1959

「日野ヂーゼル販売株式会社」と「日野ルノー販売株式会社」を合併し、「日野自動車販売株式会社」と改称 「日野ヂーゼル工業株式会社」は、「日野自動車工業株式会社」と改称

1961-1991
国内市場を席巻する「日野」ブランド

1961

小型商用車「ブリスカ」、初の自社開発による乗用車「コンテッサ」発売

日野コンテッサ900

1962

タイに海外初の販売会社を設立(現「タイ日野販売株式会社」)

1963

中型トラック「レンジャー」発売

KM300型レンジャー

1963

羽村工場(東京都)稼働開始

上空から見た羽村工場

1964

海外サービス体制の確立
「フィールドメカニック制度」開始
初の海外製造会社をタイに設立

1966

トヨタ自動車との業務提携

1971

燃費、信頼性、耐久性に優れた
「赤いエンジン」誕生

ED100型 エンジン

1971

日野を支える販売会社のサービススタッフが競う
「サービス技術コンクール」開始

第1回全国販売店サービス技術コンクール

1974

「日野ヨーロッパ」設立

1977

観光バスの市場を変えた
日本初「スケルトン構造」バス発売

RS120P型 スケルトン構造観光バス

1980

中型トラックをフルモデルチェンジ、「風のレンジャー」シリーズを発売

1980

新田工場(群馬県)稼働開始

初期の新田工場

1981

大型トラックをフルモデルチェンジ、「スーパードルフィン」シリーズを発売

1982

「日野インドネシア製造」設立

1985

アメリカに「日野ディーゼルトラックス」設立 御前山テストコース(茨城県)稼働開始

1986

日高配車センターを開設

1988

「レンジャー」シリーズ国内販売台数55万台達成

1990

大型観光バス「セレガ」発売

セレガ

1991

世界初の「ハイブリッド車」発売

※ 市販ハイブリッド車の路線バスでは世界初。

HIMRバス

1991

「ダカールラリー」初参戦

1991年 ダカールラリー初参戦の様子

1992-2003
21世紀の企業に向かって

1994

日野の未来を託す新しいシンボルマークの誕生

長年親しまれてきたウイングマーク

1995

小型バスをフルモデルチェンジ、「リエッセ」シリーズ発売

リエッセ

1996

日野自動車21世紀センターを開設
(翌年、同センター内に日野オートプラザを開設)

上空から見た21世紀センター

1997

ダカールラリー トラック部門 1位、2位、3位独占

1997年 ダカールラリーの様子

1999

小型トラック「デュトロ」の誕生

初代デュトロ

1999

「日野自動車工業株式会社」と「日野自動車販売株式会社」が合併し、「日野自動車株式会社」に改称

2001

第三者割当増資により、「トヨタ自動車株式会社」の子会社化

2003

平成17年(新長期)排出ガス規制適合可能レベルの小型トラック・ハイブリッド車を発売

デュトロハイブリッド

2004-
グローバル企業としての基盤づくり

2004

北米専用車「HINO600シリーズ」発売

HINO600シリーズ

2005

ノンステップ大型路線ハイブリッドバス「日野ブルーリボンシティハイブリッド」を発表 平成17年(新長期)排出ガス規制に適合した、中型トラック「日野レンジャー」を発表 大型観光バスをフルモデルチェンジし、平成17年(新長期)排出ガス規制に適合した「日野セレガ」を発表 平成17年(新長期)排出ガス規制に適合した、大型トラック「日野プロフィア」を発表

日野ブルーリボンシティハイブリッド
日野セレガ

2005

「お客様テクニカルセンター」開設

お客様テクニカルセンター @ 羽村工場 テストコース内

2006

世界初※1 衝突被害軽減ブレーキ「PCS※2」を「日野プロフィア」に搭載

※1 商用車で世界初の商品化(2006年時点。自社調べ)

※2 PCS=プリクラッシュセーフティ。「PCS」はトヨタ自動車(株)の登録商標です。

日野プロフィア

2007

アメリカ ウェストバージニア工場稼動開始(米国日野製造) 海外販売が国内販売を上回る

年代別 国内・海外の販売台数

2008

大型観光バス「日野セレガハイブリッド」をフルモデルチェンジ

2008

コロンビア工場 稼動開始(日野コロンビア製造) 販売会社を設立し、ロシア市場に新規参入(日野ロシア)

2009

インドネシアで、小型トラック(日野デュトロ及びトヨタダイナ)の生産を追加(インドネシア日野製造) メキシコ工場、生産開始(メキシコ日野製造) 中国の合弁会社「広汽日野」、生産開始 トラック・バス生産台数、累計300万台達成

2010

トヨタ、日野、東京都心~羽田空港間での燃料電池ハイブリッドバスの営業運行に車両提供 香港で初の小型トラックハイブリッドを販売開始

2011

小型トラック「日野デュトロ」をフルモデルチェンジ

日野デュトロ

2012

「日野ポンチョ 電気バス」実証運行開始

日野ポンチョEV

2012

古河工場(茨城県)が稼動開始

古河工場 開所式

2013

小型EVトラック実証運行開始

2013

ハイブリッドトラック・バスの販売台数累計1万台突破

2014

お客様テクニカルセンターでの運転講習会受講者が5万人を突破

2015

モジュール化新商品をインドネシア、タイに導入

2016

ハイブリッド車「HIMRバス」発売25周年

2017

大型トラック「日野プロフィア」、中型トラック「日野レンジャー」がフルモデルチェンジ

大型トラック 日野プロフィア
中型トラック 日野レンジャー

2017

国内大中型トラック(普通トラック)販売シェア44年連続No.1達成(2016年度) 古河工場が本格稼働開始

HINO TOPICS

サイト内検索