search Global

日野自動車、大型ハイブリッドトラック 「日野プロフィア ハイブリッド」を新発売

商品・技術情報

2019年5月28日
No.19-020

AIを活用した世界初のハイブリッドシステムを搭載し、高速走行主体の車両で燃費効果を発揮
冷凍性能と環境性能を両立した電動冷凍車「日野プロフィア COOL Hybrid」も設定

 日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下義生、以下日野)は、大型トラックに画期的なハイブリッドシステムを搭載し低燃費を実現した「日野プロフィア ハイブリッド」を618日に発売します。

 日野は「Challenge20251」において、社会とお客様の課題解決に向けた「安全・環境技術を追求した最適商品」の提供を掲げています。大型トラックは燃料消費量が多くその削減が大きな課題ですが、高速道路での定速走行が中心で発進・停止の頻度が少ないことから、ハイブリッドには不向きとされていました。日野は、その質量の大きさゆえに下り坂での運動エネルギーが非常に大きいことに着目。標高・勾配・位置情報などをもとにルート上の勾配を先読みし、AIが走行負荷を予測し最適なハイブリッド制御を行うという、世界初の技術を採用した新ハイブリッドシステムを開発しました。これにより、高低差による運動エネルギーを効率的に回生し活用することで、大型トラック特有の走行条件における燃費効果を実現しています。
 積載性や航続距離といったトラックとしての基本性能および使い勝手はディーゼル車と同等のまま、CO2排出量の削減と、燃費低減による運行経費の節減が見込めます。さらに、モーター走行による走行中の騒音や振動を低減し、ドライバーの疲労軽減にも貢献します。

 衝突被害軽減ブレーキ「PCS※2」や出会い頭事故の防止に貢献する「サイトアラウンドモニターシステム」をはじめ、ディーゼル車で高く評価いただいている数々の先進安全技術も標準装備し、環境性能と安全性能を高次元で両立させたトラックとして、お客様のビジネスをサポートします。

 また、冷凍機メーカーと協力し、ハイブリッドシステムの電力を冷凍機の電源に活用した電動冷凍車「日野プロフィア COOL Hybrid」を設定します。「日野プロフィア ハイブリッド」の全車型に展開、電動冷凍機メーカーは株式会社デンソーと三菱重工サーマルシステムズ株式会社です。

日野プロフィアHV_ワイセレ画像.jpg

※1 2018年10月30日公表  ※2 「PCS」(プリクラッシュセーフティ)は、トヨタ自動車株式会社の登録商標

【主な特長】

■ 新世代ハイブリッドシステム
高速道路の頻繁な下り坂において、車両重量の大きさを生かして大きな運動エネルギーを効率的に回収し大容量バッテリーに蓄え、定速走行時にモーター走行を行います。さらに、一般路走行でも従来のハイブリッド技術に加え協調ブレーキシステムを採用したことで、燃費向上、燃費バラツキの低減を図っています。燃費は、重量車燃費基準値の4.04km/L(車両総重量20トン超~25トン以下)+17.5%4.75km/Lを実現しました。

<新たに採用した技術>
① AIを活用した勾配先読みハイブリッド制御 【世界初】
ロケーターECUに内蔵された標高・勾配・位置情報から走行ルートの100キロ先までの勾配を先読み。それをもとにAIが走行負荷に応じた大枠なシナリオを作成します。さらに、これを10キロごとに補正していくことで、消費電力の最小化と燃費の最大化を両立させる世界初のハイブリッド制御です。

② ブレーキ協調回生制御
一般路走行中に使用頻度が多いフットブレーキ操作時、回生ブレーキを優先させる制御を行い、エネルギー回収率を向上させ回生エネルギーのバラツキを低減させています。

③ リチウムイオンバッテリーの採用
新たに開発した大容量バッテリーです。大型トラックの大きな運動エネルギーを充分回収できる容量を確保しています。

<システム作動イメージ>

ハイブリッド作動イメージ02.jpg

ハイブリッド動作イメージ04.pngメーター内のマルチ インフォメーションディスプレイに 回生(充電)・アシスト(放電)などの状態を表示
注:画像はイメージです。実際の走行状態を示すものではありません

■ 電動冷凍車「日野プロフィア COOL Hybrid
ハイブリッドシステムで回生・発電した電力を大容量バッテリーに蓄え、走行での使用に加えて、冷凍機用電動コンプレッサーの駆動にも使用。車両のアイドリング時や低速走行時でも、安定した高い冷凍性能を発揮します。従来3よりもバッテリー容量およびモーター出力が大きくなり、冷凍性能の向上に大きく貢献しています。

※3 従来は小型トラック用ハイブリッドシステムを電動コンプレッサーの駆動のみに使用

<主な機能向上>

  • バッテリー容量の増加により(1.9kWh→11kWh)、エンジン停止後も冷凍機に電力を供給することで庫内温度を約2時間確保することが可能 (外気温35度、庫内設定温度-18度(低温)で使用した場合)
  • モーター出力の向上により(36kW→90kW)、冷却能力が向上し予冷時間を約90分短縮 (外気35度、庫内-20度到達時間)

 今回発売する「日野プロフィア ハイブリッド」は、平成27年度燃費基準+15%を達成しており、エコカー減税の対象となります。また、環境省「2019年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(電動化対応トラック・バス導入加速事業)」の補助金の対象となる予定です。

 日野は、「もっと、はたらくトラック・バス」をスローガンに掲げ、その実現に向けて「安全・環境技術を追求した最適商品の提供」「最高にカスタマイズされたトータルサポート」「新たな領域へのチャレンジ」の3つの方向性に注力しています。お客様や社会にこれらの価値を継続的に提供していくために、多様化するお客様のニーズにきめ細かくお応えすべくチャレンジを続けてまいります。

■東京地区希望小売価格(代表車型)                                      (単位:円)

車名・型式 仕様

エンジン

トランスミッション

車両総重量

クラス(トン)

価格

(消費税抜き)

日野プロフィア ハイブリッド

2SG-FR1AWHH

フルキャブ
リヤエアサス

キャブ付シャシ

A09C
279kW(380PS)

HV専用AMT
25トン

22,750,200

(21,065,000)

以 上

HINO TOPICS

サイト内検索