ヤマト運輸と日野、超低床・ウォークスルーの小型BEVトラックの実証実験を開始

商品・技術情報

2021年11月22日

ヤマト運輸株式会社
日野自動車株式会社

 ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾裕、以下 ヤマト運輸)と日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長:小木曽聡、以下 日野)は、20211124日から日野が開発した超低床・ウォークスルーの小型BEVBattery Electric Vehicle)トラック「日野デュトロ Z EV」を用いた集配業務の実証実験を開始します。

DutroZEV_F.jpg

1.実証実験の背景・狙い
 近年、持続可能な物流の実現に向けた温室効果ガス排出量の削減など、環境に配慮した取り組みの重要性が高まっています。
 ヤマトグループは、経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」(20201月発表)の長期目標として「2050CO2排出実質ゼロ」を掲げ、環境に配慮し、かつドライバーにとって実用性の高い低炭素車両の導入を進めています。
 日野は、「日野環境チャレンジ2050」(2017年発表)で環境負荷ゼロへのチャレンジを掲げており、20214月には中間目標となる「日野環境マイルストーン2030」を設定し、カーボンニュートラルの実現に向け取り組みを加速しています。また「日野デュトロ Z EV」など、環境配慮を含む物流最適化に貢献する各種ソリューションの開発・提供に取り組んでいます。
 このたび、ヤマト運輸と日野は「日野デュトロ Z EV」を用いた集配業務の実証実験を開始します。本実証実験では、温室効果ガス排出量削減効果や、集配業務における効率性・作業負荷低減の効果などを確認します。

2.実証実験の内容
(1)実証期間 :2021年1124日~225月末(約6か月)
(2)実証台数 :2台
(3)車両   :日野デュトロ Z EV
(4)実施場所 :ヤマト運輸日野日野台センター(東京都日野市)、ヤマト運輸狭山中央センター(埼玉県狭山市)

3.車両の特徴
走行時に温室効果ガスを排出せず、環境に配慮した車両です。
環境だけでなく、都市部や住宅街での宅配業務の作業効率も考慮した構造です。

(1) コンパクト     :小型トラックで、普通免許で運転が可能
(2) 低いヒップポイント :運転席の乗降がスムーズ
(4) ウォークスルー構造 :運転席から荷室への移動がしやすく、作業性向上
(3) 超低床構造     :荷室への乗降がしやすく、ドライバーの負担を軽減
(5) 高い静粛性     :周辺環境にも配慮
(6) 安全技術      :市街地走行に必要な先進安全技術を装備(後退時の誤発進抑制装置はクラス初)

 

DutroZEV_R - コピー.jpg

コンパクトな車両

低いヒップポイント.jpg

低いヒップポイント

ウォークスルー構造 .jpg

ウォークスルー構造

超低床構造 .jpg

超低床構造

4.各社コメント
●ヤマト運輸 執行役員 グリーンイノベーション開発部長 福田 靖
当社は、日本全国に多くの事業所、車両を保有しており、環境に配慮する取り組みを進めることは責務であると認識しています。「2050CO2排出実質ゼロ」の達成に向けた取り組みをさらに加速させるにあたり、今回の日野自動車様との実証実験はとても大きな役割だと感じています。環境に配慮することはもちろん、持続可能な取り組みとしていくには働くドライバーにとって実用性の高い車両でなければいけません。今回の実証期間でその点も検証し、今後導入に向けて検討していきます。

●「日野デュトロ Z EV」 チーフエンジニア 東野 和幸
今回の実証でお使いいただく「日野デュトロ Z EV」は、荷物を生活者に届ける「物流のラストワンマイル」の現場におけるさまざまな課題を解決するために企画・開発しました。ヤマト運輸様との実証を通じて、宅配業務の現場でのリアルなご要望をお聞きし、さらにお客様のお役に立つ車に進化させていきたいと考えています。そして、この「日野デュトロZ EV」によって、カーボンニュートラルの実現と多くの事業者様の課題解決に貢献していきたいと思います。

5.映像資料 
ヤマト運輸・日野自動車による超低床・ウォークスルーの小型BEVトラック「日野デュトロ Z EV」実証実験

 

<参考>
●車両スペック

全長×全幅×全高 4.7×1.7×2.3 [m]
床面地上高 400 [mm]
車両総重量 3.5t 未満
乗員 2人
モーター 種類 永久磁石式同期モーター
最高出力 50 [kW]
バッテリー 種類 リチウムイオンバッテリー
容量 40 [kWh]
充電方法

普通充電

急速充電(CHAdeMO方式)
主な安全装備

PCS(プリクラッシュセーフティシステム)
誤発進抑制装置(前進&後退)
電動パーキングブレーキ
電子インナーミラー

車線逸脱警報

※ "PCS"はトヨタ自動車(株)の商標です。

 

以上

<関連リンク>
日野自動車、物流現場での使い勝手を追求した超低床・ウォークスルーの小型EVトラックを開発
(2021年4月15日公表プレスリリース)

 


SDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献】
日野では、自由に安全に効率的に、人と物が移動する「豊かで住みよい持続可能な社会」の実現を目指し、お客様・社会への価値提供として①日野車による「交通死亡事故ゼロ」、②「CO₂排出量の大幅削減」、③「お客様ビジネスの発展支援」、④「人流・物流の更なる効率化」の4つに取り組んでいます。

本件は、②「CO₂排出量の大幅削減」、③「お客様ビジネスの発展支援」について同じ志を持つパートナーとともに取り組むことにより、SDGsの以下の目標達成に貢献します。

【1】安心・安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現
交通死亡事故ゼロ、CO₂排出量の大幅削減、人流物流のさらなる効率化によって、「豊かで住みよい持続可能な社会」実現を目指します。

【3】同じ志を持った仲間づくり(あらゆる力を結集した社会課題解決)
日野グループだけにとどまらず、同じ志を持つ企業とパートナーになり、社会課題解決に取り組みます。

【4】サステナブルなバリューチェーンの構築
裾野の広いトラック・バスのバリューチェーンにおいて、社会・環境に与える影響を低減することで、環境負荷の少ない持続可能な社会の実現に貢献します。

(参考)
SDGsと日野の戦略・取組み(PDF)
安心・安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現(PDF)
同じ志を持った仲間づくり(PDF)
サステナブルなバリューチェーンの構築(PDF)

HINO TOPICS

サイト内検索