働くクルマと君も世界へ。人、そして物の移動を支え、豊かで住みよい世界とみらいに貢献する

日野学園からのお知らせ新着お知らせ一覧を見る

日野工業高等学園について

日野学園は、日野自動車の構内にある企業内訓練校です。入学と同時に日野自動車に入社することが決定し、卒業後は日野自動車の各部署に配属されるのが大きな特徴です。

学園情報を見る

学園情報

カリキュラム

普通科目、専門科目、豊富な実習で3年間しっかり学習します。

カリキュラム

クラブ・行事

クラブは全員必修。
年間を通して行事も
盛りだくさんです。

クラブ・行事

入学案内

体験入学や、説明会を実施しております。是非ご参加ください。

入学案内

卒業生の声

日野自動車の各現場で活躍している卒業生の体験談です。

卒業生の声

学園案内パンフレット・季刊誌

各タイトルから、PDFファイルをご覧いただけます。

学園案内パンフレット

学園案内パンフレット
(2.23MB)

学園案内パンフレットPDF
季刊誌 Relationship 絆 2018年度版

No.44 12月1日発行(3.11MB)

No.43 9月1日発行(4.48MB)

No.42 6月1日発行(2.09MB)

PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Readerが必要です。

パソコンにAdobe Readerがインストールされていない方は、右のアイコンをクリックしAdobe公式サイトからダウンロードを行ってください。

Adobe Reader ダウンロード用ボタン

トピックス過去のトピックス一覧を見る

2018年10月48期生 修学旅行

写真:ホストファミリーとの記念撮影写真:雄大な景色の中での記念撮影写真:路面電車に乗車する生徒たち
10月10日(水)~19日(金)、3年生36名がアメリカ修学旅行に行きました。ほとんどの生徒が海外旅行は初めてということで、緊張と期待でドキドキ・ワクワクの10日間でした。初めに訪問した日野自動車アーカンソー工場では、工場の見学や現地作業員との交流を、次に訪れた現地の交流校(工業系の専門学校)では、同年代の学生との技能や文化の交流と、異文化に触れる貴重な機会となりました。週末は“3泊4日のホームステイ”。生徒たちにとっては旅行前から心配の種で、「英語が出来ないよ~」「コミュニケーションが取れないよ~」という声も…。しかし、ホストファミリーの優しさや陽気さに緊張もほぐれ、とても楽しかったようで、最終日には別れを惜しむ姿がたくさん見られました。この経験は大きな財産になったことでしょう。翌週は、ヨセミテ国立公園の雄大な大自然を満喫し、サンフランシスコ市内では自分達で計画したコースを班ごとに行動。アメリカ最後の夜はスーツに着替え、ちょっぴり大人の気分でディナークルーズ。そして最後は皆でダンシング♪ 36名全員が色々なことを経験し成長できた、心に残る素敵な修学旅行になりました。

2018年9月技能祭

写真:実習を行う生徒たち写真:生徒たちの集合写真写真:第13回改善事例発表選考会の表彰式
9月29日(土)、「煌めき ~笑顔を分かち合おう~」をテーマに技能祭が開催されました。今年のステージ芸は、男子生徒による「女装コンテスト」! 思い思いの女装姿に歓声と悲鳴が飛び交い、会場は独特な盛り上がりを見せました。前日に開催された「第13回改善事例発表選考会(3年生)」で最優秀賞に輝いた製造設備科の発表も行われました。今年はあいにくの雨でしたが、各クラブの模擬店前にはフライドポテトや揚げ餅を買い求めるお客様の列ができていました。技能祭は雨天でも開催いたします。来年も皆様のご来場をお待ちしております。

2018年9月球技大会

写真:サッカーをプレーする教員と生徒たち
9月19日(水)、前期期末試験終了後に球技大会が行われました。ドッジボールとサッカーの2種目をクラス対抗で競った結果、2年A組が総合優勝を果たしました。生徒たちは試験のストレスを発散するかのように、とても生き生きとプレーを楽しんでいて、また平均年齢17歳…の2倍を上回る、平均年齢38.5歳の先生チームも大健闘しました。普段は教える側と教わる側ですが、スポーツではその垣根を超え、真剣に勝ちを狙いつつもお互いに楽しく汗を流す時間を過ごしました。

2018年8月全豊田訓練生総合競技大会(トヨタ大会)

写真:2018年度トヨタ大会の集合写真
8月30日(木)~31日(金)に行われた第56回全豊田訓練生総合競技大会では、本学園を含めたオールトヨタ訓練校12校が集結しました。さまざまな競技の中で訓練校同士の熱い応援合戦が繰り広げられますが、今回は学園生が作成したオリジナル応援歌の一部を紹介します。

「トントントントン ヒノノニトン!」
(※日野自動車CMより)
「わったーがヒノガクをはばちかす!」
(※沖縄の方言で“私たちが日野学園の名声を高める”)

この応援が、「綱引き」に参加した選手の力を最大限に呼び覚ました瞬間は今でも忘れられません。昨年は2回戦敗退となった「綱引き」でしたが、今年は準優勝を果たしました。来年こそは“優勝”、そして熱い応援も楽しみですね。

2018年8月全国高等学校定時制通信制体育大会

写真:剣道大会の様子写真:ソフトテニス大会の集合写真
全国高等学校定時制通信制体育大会に、剣道部、ソフトテニス部、バレーボール部、陸上部が出場しました。日本武道館で行われた剣道大会と、千葉県白子町で行われたソフトテニス大会では、ともに団体戦ベスト8に進出。陸上部は、駒沢陸上競技場にて2年の野島君と関根君が4×400mに出場し、全国第4位を勝ち取りました。どのクラブも全国大会入賞に向け日々猛練習を重ね、その成果を全力で出し切り、流した汗の分だけ技術の向上を、そして流した涙の分だけ人として成長しました。この経験によって一回り大きくなった生徒たち。素晴らしい社会人になるための貴重な一歩を踏みだすことができた大会となりました。

2018年8月ボランティア活動

写真:バケツリレーで土を運ぶ生徒たち
8月2日(木)に日野市内の南平丘陵公園で夏のボランティア活動を行いました。昨年に引き続き公園内の遊歩道整備のため、皆で協力してバケツリレーで砂利を運びます。猛暑の中、生徒と教職員が一緒になって汗を流しながら、声を出して気持ちを奮い立たせながら頑張った甲斐もあり、きれいに整備された遊歩道を見て大きな達成感を得ることができました。当日はかなりの暑さで熱中症の危険もあり、早めに作業を終えましたが、非常に充実した一日となりました。

2018年7月キャンプ実習

写真:調理器具をきれいに掃除する生徒
1年生は7月11日(水)~13日(金)に西湖湖畔キャンプ場でキャンプ実習を行いました。キャンプ実習初日は、とてもタフな登山と火起こしに皆が苦戦したBBQに始まり、2日目にはキャンプ場から数キロ離れたスーパーに歩いて買い出しに行き、各班が考えた渾身の料理(味は食べてからのお楽しみ!)で競い合う料理コンテストや夜のレク活動など、盛りだくさんの内容になっています。中でも、この学園ならではのイベントは最終日の大掃除大会でしょう。2日間使った調理器具をきれいにしてキャンプ場に返却するのですが、そのためには先生たちの厳しいチェックを通過しなければなりません。生徒たちは悪戦苦闘しながらも、やがてぴかぴかになった器具とともに貴重な経験も得ることになります。

2018年5月体育祭

写真:2018年度体育祭でMVPを獲得した上村隼太くん写真:2018年度体育祭で大縄跳びに挑戦中の黄組写真:2018年度体育祭のバトンリレーで見事ゴールテープを切った赤組写真:2018年度体育祭のパワーホース競技で見事フラッグと勝利を手に掴んだ青組
5月26日(土)、日野自動車総合グラウンドにて体育祭が開催されました。大盛況の体育祭で、ひときわ輝いていた「体育祭MVP」の上村隼太くん(製造設備科3年)を紹介します。上村くんは、従来の赤・青・黄組に加え新たに作られた緑組の応援団長として団員をまとめながら、出場競技では陸上部で鍛えた脚力を存分に見せつけ、観客を魅了していました。上村くん率いる緑組は、総合優勝に加えて演舞の部・団旗の部でも最優秀賞を獲得し、見事三冠を達成しました。上村くんは「団員一人ひとりを活かすことに苦労しましたが、歯車が噛み合うように皆で協力することができました!何事も挑戦することが大事だと思いました」と、溢れる笑顔で語っていました。来年度のスターは誰になるのか、今から待ち遠しいですね。

2018年5月生活体験発表会

教室で発表を行う生徒の写真
5月24日(木)に生活体験発表会が行われ、2、3年生のクラス代表者9名が発表しました。最優秀賞に選ばれた自動車科3年の秋本喬来さんは「心のゆとり」と題し、学園での人間関係から学んだことを発表しました。「第一印象で相手を判断しないようになってから、相手の良いところがよく見えるようになった。考え方が変わると心に余裕が生まれ、柔軟に対応することができるようになった。悩んだ時にいつも自分に声をかけ励ましてくれる3人のクラスメイトの存在が大きい。」と語っていました。秋本さんは、7月に科学技術学園高等学校で開催される生活体験発表大会に学園代表として参加します。

2018年5月技能交流会

各科受賞者の集合写真
5月23日(水)、 第10回学園内技能交流会が開催されました。3年生が対象となり、各科(機械・板金・自動車・電気)ごとに日頃学んだ技術を競い合う、学園生にとってはとても貴重な機会となります。実習担当の先生方による厳しい採点により、各科最優秀者1名(計4名)が選出されます。最優秀賞に選ばれた生徒の中には「自分が選ばれるとは思っていなかった」と驚きを隠せない生徒も。この4名だけでなく学園生全員が、ここで得たものを配属後に発揮して職場で輝けますように!!

最優秀賞 各科受賞者(3年生)

科名 機械加工科 塑性加工科 自動車製造科 製造設備科
課題 技能検定
普通旋盤3級
技能検定
曲げ板金3級
エンジン組立・測定
部品検査・ボルト締付
第2種電気工事士
氏名 方 毅 栗原 康汰 山﨑 一矢 上村 隼太

※100点評価にて(実技:60%、2S・安全:20%、情意:20%)

2018年5月クラブ合宿

2018年度クラブ合宿
5月8日(火)から11日(金)の間、クラブ合宿を行いました。吹奏楽部では、この合宿を通じて新曲を徹底的に練習します。今年は、「ハイブリッドマーチ」と「ワタリドリ」の2曲を練習し、最終日には学園長や宿の方々に練習の成果を披露しました。吹奏楽部員総勢28名の演奏はとても迫力があり、聞いていただいた方にもその熱意が伝わっていました。吹奏楽部は、8月の夏祭りや9月の技能祭にも演奏の機会があります。多くの方々に楽しんでいただけるよう、クラブ活動に励んでほしいと思います。

2018年5月生徒総会

2018年度生徒総会
5月7日(月)に行われた生徒総会では、田中崇史くん(製造設備科3年)が人生で初めての“司会”を務めました。大役を前にして、「生徒総会の最中に、噛まずにはっきりと話せるだろうか?」という大きな不安を抱えていたそうです。しかし、そんな不安な様子を感じさせない堂々とした雰囲気で、生徒総会を滞りなく進行していました。また、生徒一人ひとりの様子をしっかりと確認しながら、はっきりとした声で話していました。生徒総会後のインタビューには、「全校生徒の前で司会をした経験は、とにかく新鮮でした」との余裕のコメントも残しています。彼のお蔭で、本年度も素晴らしい生徒総会となりました。

2018年4月規律訓練合宿

2018年度規律訓練
「あ! い! う! え! お!」
「まだ出せる!もっと大きな声で!」
体育館に響き渡るこの大きな掛け声は、日野学園恒例の「規律訓練合宿」では当たり前の光景。入学して間もない1年生は、こうして日野学園に入学したことを実感します。この声出しを終えると、社歌を歌い、規律を覚えます。そしてラジオ体操の正しい動作を一から学びます。これらのことをすべてマスターすることが、学園生としてのスタートを意味するのです。歴代の先輩たちも印象深く覚えていて、同日午後に行われる3学年合同の全体規律訓練で聞こえてくる「あぁ、この時期がきたね、懐かしい」という上級生の声が、この行事の“日野学園恒例たること”を象徴しています。

2018年4月入学式

2018年度入学式A組
2018年入学式 A組
2018年度入学式B組
2018年入学式 B組
4月2日(月)、日野自動車本社で第50期生の入学式が挙行されました。『はいっ!』自分の名前を呼ばれ、元気よく返事をします。学園生活の第一歩です。新入生代表の佐々木光くん(日野第二中学校卒業生)は、力強く誓いの言葉を述べました。本番前は緊張のあまり、会場から逃げ出したい思いでいたそうですが、式典終了後には達成感と、これから始まる学園生活への意欲に満ち溢れ、大きく成長した姿を見せてくれました。1年生はこれから学園生として様々な体験をします。逃げずに乗り越え、一歩一歩確実に大きく成長することを期待しています。そして将来、職場で大いに活躍する“日野マン”となりますように…!

ページの先頭へ