カリキュラム

担当教員より

機械加工科(機械) 桶田 光昭 先生

写真:機械加工科 桶田 光昭 先生

創造力を育てよう

機械加工科で大切なことのひとつは「創造力」です。豊かな創造力を育て、機械加工に必要な技術と知識を身に付けることで、頭に思い描いた様々なモノを現実に作り出すことが出来ます。これこそが機械加工の醍醐味でもあり、将来的に技術者として必要な要素になってくると思います。

日野学園の機械加工科の大きな強みは「設備が整っている」ところです。例えば、「普通旋盤」も他校では1台に対し5~10人程度で使用し、加工できる材料なども1~2個程度ですが、日野学園では旋盤1台に対して必ず1人で使用できます。他の工作機械や工具・材料も豊富に揃っています。

技術を高められる環境が整った日野学園の機械加工科で、一緒に勉強してみませんか。

塑性加工科(板金) 小島 聖一 先生

写真:塑性加工科 小島 聖一 先生の写真

コツコツとした作業が大好きな人!

塑性加工科に向いていると思います。板金のさまざまな基礎を学んだ上で、3年生で行う創作実習は楽しいですよ。しかし、作品を作るにあたって、まず「工具」から作らなくてはならないなど、地道で大変な作業も多々あります。

塑性加工科で学ぶと、2枚の鉄板を1枚の鉄板にすることができたり、変形してしまった鉄板の部位を修復できたりします。平面の鉄板を思い描いた形に変形させていくのが板金作業の魅力です。

他の高校では、日野学園ほどの板金実習作業は体験できないでしょう。「板金の専門技術が学べること」、これが日野学園の塑性加工科の最大の特徴です。

製造設備科(電気) 小林 武志 先生

写真:製造設備科 小林 武志 先生の写真

身近なモノ:電気

電気について基礎を学び、実習で体験できるのが製造設備科です。例えば、自宅でスイッチを入れると明かりが点くことを当たり前だと思っていませんか?その仕組みを学び、体験することができる学科です。

製造設備科では、電気と機械をコントロールすることを覚えます。また自分達でプログラムを考え、ゲーム機などを創ることで、機械や部品の構造を学びます。作品が完成した時の達成感を味わうこともできます。

日野学園は、さまざまな授業や実習を通じて多くの経験を積み、学ぶことができる学校です。日野学園の製造設備科で一緒に学びましょう。