助成情報

公益財団法人日野自動車グリーンファンド平成29年度助成事業応募要領

1.助成対象事業

  • 1) 自然環境保全に資する樹木や草花の植樹の実施
  • 2) 自然環境保全活動の実施
  • 3) 自然環境保全に資する調査や研究の実施
  • 4) 自然環境保全に資する教育や諸啓発活動の実施
<助成対象とならないもの>
  • a) 営利を目的とするもの、また営利につながる可能性の大きいもの。
  • b) 集会の開催、海外への出張、機械・備品の購入のみを目的としたもの。
  • c) 活動推進者側の便利さのみを目的とした機械・備品などの購入・賃借。
  • d) 学位論文等、個人的研究に相当するもの。
  • e) 単なる趣味と判断されるもの。
  • f) 申込みにおいて、本応募要領及び助成金申請書の規定に合致しないもの。

2.助成対象者

  • 1)前記に係わる活動・研究を行う団体・グループ・個人等
  • 2)申請者の条件
  • a) 活動の基盤が日本国内であること。
  • b) 団体については、原則として設立2年以上を経過しており、活動実績のあること。
  • c) 日本語での応募であること。

3.助成金額

総額として900万円程度(予定)

4.助成対象期間

平成29年11月1日〜平成30年10月31日

5.応募方法

所定の助成金申請書(A3用紙2枚)にご記入の上、当事務局まで郵送にて応募お願いします。以下の「手書き用」または「データ入力用」のどちらか一方を選択しご記入ください。

※EXCELファイルが文字化けしたり、ダウンロードできなかった場合には、お手数ですが応募書類を以下連絡先までご請求ください。

6.募集期間

平成29年5月16日〜平成29年7月31日(当日消印有効)

7.助成先の決定

次の選考委員会で選考を行い決定し、各申請者には書面で結果を通知する。

1)選考委員会
  • 委  員 : 委員長を含め3名から7名
  • 専門委員 : 必要に応じ若干名
2)選考の要点

テーマによって以下の要件を考慮し、選定する。

(1) 活動助成の場合
  • a) 活動自体が多くの人に支えられており、その成果が広く共有できること。
  • b) 既成の考え方にとらわれない柔軟な発想やアイデアに基づく活動であり、積極的で創造的な性格を有していること。
  • c) 国際的な広がりのなかで意義ある活動であること。
  • d) 現時点で記録を整理し公表することが、そのグループにとっても社会にとっても今後の重要な契機となること。
  • e) 活動計画が具体的であり、またその計画が実施されるための人材・情報等が確保できること。
  • f) 記録の作成にかかわる適切な人材を確保できること。
(2) 研究助成の場合
  • a) 発想の独自性があること。
  • b) 社会に対する先見性があること。
  • c) 研究実施の適時性があること。
  • d) 民間助成の必要性があること。
  • e) 計画の実現性があること。
(3) 出版助成の場合
  • a) 記述がおおよそ完了し、若干の見直し程度で完全原稿が入稿できる状態にあること。
  • b) 出版社との間に出版計画の大筋について合意が得られていること。
  • c) 多数の読者が興味深く読めるよう十分意図されていること。
  • d) 自然科学または人文科学として有意義であり確かな内容であること。

8.助成の実施

  • 1) 助成を受ける者は、当財団と覚書を交換し、これに基づいて活動を実施すること。
  • 2) 助成期間終了には「活動完了届」、「活動報告書」、「会計報告書」、「取得物件報告書」を提出すること。なお、
  • (1)必要に応じ実施状況確認のため現地視察を行う場合がある。
  • (2)会計報告書には必ず領収書等(コピー可)を添付すること。
  • 3) 出版助成にあたっては、その成果品を本財団に提出しなければならない。
    なお、成果品には当財団の助成による旨を記載すること。

9.助成金費目 (助成金費目一覧参照)

助成金費目一覧
1) 専門家等への謝金 外部講師、専門家への謝金及び作業委託費
2) 旅費交通費 国内交通費、宿泊費
3) 機材・備品費 苗木、資材、機械、道具の購入費用
4) 賃借料 会場・機材・車両等の賃借料
5) 印刷製本費 報告書・資料・ポスターの作製費、コピー代
6) 通信運搬費 郵便送料、資材等の送料
7) その他諸経費 上記の項目に該当しない費用

注意:すべて申請テーマ活動に要する経費であって、日常の活動費及び管理費に該当するものは対象とならない。

10.助成申込先/問い合わせ先

〒191-8660 東京都日野市日野台3ー1ー1
公益財団法人日野自動車グリーンファンド 事務局
TEL 042-586-5369  FAX 042-586-4923  Mail hinogf@hino.co.jp
ご不明な点がございましたら、上記事務局までお問い合わせ下さい。

(注意事項)
 助成金申請に対する採否の理由、選考に関わる内容についての問い合わせには回答致しません。
 また、ご提出いただいた申込書や添付資料は返却しません。

助成先団体

■平成28年度助成先団体
団体名 活動地区 活動テーマ 活動分野
宮古島環境クラブ(MEC) 沖縄県 沖縄宮古島添道サガリバナ群生地で南国季節の花園づくり活動 植樹・植栽の実施
きたはなプロジェクト 北海道 きたはなプロジェクト
〜地域協働により自生種を生かした緑化活動の取り組み〜
植樹・植栽の実施
特定非営利活動法人
青梅吉野梅郷梅の里未来プロジェクト
東京都 青梅・吉野梅郷 梅の里再生・梅の苗木植栽プロジェクト 植樹・植栽の実施
いのちの森づくり友の会 神奈川県 日野自動車グリーンファンド学校の森づくり 植樹・植栽の実施
全国巨樹・巨木林の会 東京都 巨木を語ろう全国フォーラム開催記念 巨樹・巨木林の健康診断 自然環境の保全活動
日野団塊世代広場 東京都 日野・百草山の緑と自然を守り活用する活動(その2) 自然環境の保全活動
特定非営利活動法人
四季の会
鹿児島県 住吉池湖畔「憩いの森」里山整備 partU 自然環境の保全活動
河川愛護団体
リバーネット21ながぬま
北海道 小鳥のさえずりが聞こえる河畔林づくり 自然環境の保全活動
芦田川環境マネジメントセンター 広島県 芦田川きれい☆きれいプロジェクト「芦田川 水辺の学び舎」 自然環境の保全活動
自然再生と自然保護区のための基金 奈良県 学びと実践のための谷まるごと棚田の自然再生プロジェクト 自然環境の保全活動
ECO village SHELTER project 新潟県 子どもたちのための森の学び場づくりと体験活動「木こりの学校」 自然環境の保全活動
特定非営利活動法人
つくしん棒
岐阜県 環境にやさしい防草材の調査研究−中山間地の高齢者を救う!ぞ 自然環境保全に
資する調査・研究
特定非営利活動法人
東大和ごみレスくらぶ
東京都 自家製竹パウダー応用の為の研究開発 自然環境保全に
資する調査・研究
環境ボランティアサークル亀の子隊 愛知県 思いが広がる、思いがつながる〜きれいな海を守るためのプロジェクト 自然環境保全に
資する啓発活動
特定非営利活動法人
富士山自然保護センター
山梨県 "The Natural Features of Mount Fuji Volume 2 Crisis of the Satoyama Environments"(「富士山の自然 Part.2」の英語版)の発行 自然環境保全に
資する啓発活動
特定非営利活動法人
すいた環境学習協会
大阪府 自然環境の保全に資する教育や啓発活動の実施 自然環境保全に
資する啓発活動
特定非営利活動法人
オオタカ保護基金
栃木県 「サシバの里」を知ろう、守ろう「里山自然塾」 自然環境保全に
資する啓発活動