FEATURESAFETY

ドライバーの運転を
サポートする安全性能

日野レンジャーは国が定めた「セーフティ・サポートカー」(略称:サポカー)の基準を満たしております。サポカー

  • サイトアラウンド
    モニターシステム

    前側方から接近する移動物を監視して出会い頭での注意を喚起します。

    サイトアラウンドモニターシステム
  • ドライバー異常時対応
    システム(EDSS)

    ドライバーの異常を検知し、車両を停止。事故発生の抑制に貢献します。

    ドライバー異常時対応システム(EDSS)
  • PCS
    (歩行者・自転車運転者(昼夜)検知機能付衝突回避支援タイプ)

    危険を検知し、衝突回避・被害軽減を支援します。

    PCS(歩行者・自転車運転者(昼夜)検知機能付衝突回避支援タイプ)
FEATURECOMFORTABLE

長距離運転の
負担を減らしたい

長時間の運転でも疲れず集中できる、
乗用車のような使いやすさと快適さを
実現しました。

運転席
運転席

目指したのは、疲れにくい
商用車トップレベルの座り心地。

標準シートは、シート断面を見直し、腰・腿周辺のサポート性が向上。疲れにくく、安定した着座姿勢の確保に貢献します。また、擦れによる縫製破れを軽減させました。用途に合わせ、オプションで高機能シート(減衰力を調整可能)や実用シートも選べます。

操作性
操作性

ステアリングを握ったまま、
各種の操作が可能

ステアリングから手を離さずマルチインフォメーション操作やクルーズ操作、さらにハンズフリー通話が可能。
視線を大きく動かす必要がなく安全性の向上にも貢献します。

ハイルーフ
ハイルーフ

スムーズに動ける
広々とした
車内を実現。

車内を移動しやすくするため、Pro Shift車はギヤセレクターをインパネに移し、コンソール部分の突起を最小限に抑えました。また、ハイルーフの場合、2,030mmの内寸高を確保。フロアトンネル上でも立ち上がることができ、着替えの際などに便利です。

運転席

運転席

操作性

操作性

ハイルーフ

ハイルーフ

toTop

サイト内検索