HINO

つなげているのは、安心です。

HINO CONNECT & SAFETY TECHNOLOGY

つながって、サポートする。だから安心。

「HINO CONNECT」とは、
ドライバーと運行管理者の皆さんを
通信システムでつないで、
安全な稼働や省燃費運転などを
サポートするネットワークのこと。
これから、そのテクノロジーを紹介するわ。

POINT01 安全な稼働をサポート

CASE1 危ない!気付いたら前のクルマが急ブレーキ!

ドライバー

危ない!!ふう… PCS※1のおかげで助かった。
PCS※1が作動したら、直接メール送信!

運行管理者

PCS※1が作動したらしい。事故かどうか念のためドライバーに確認しよう。

CASE2 少し疲れているのかしら?運転中眠そうね!

ドライバー

眠い…。急がなきゃいけないのに…。あ、警報が鳴ったぞ!
ドライバーモニターが作動したら、直接メール送信!

運行管理者

ドライバーモニター警報が鳴ったらしい。疲れたまま運転していないか、あとで確認してみよう。
運転時の安心と、
安全な稼働をサポート。

安全装置(PCS、ドライバーモニター)が一定の条件で作動したとき、それを検知し、お客様へ直接メールでご連絡。 さらにお客様専用Webサイトでも、安全装置の作動位置や時間などの詳しい状況が確認できます。

PCS※1(対人)

PCS※1(対物)

衝突時の速度を抑え、衝突被害の軽減に寄与するPCS※1が、ミリ波レーダー+画像センサーにより、停止車両に加え、静止歩行者の検知も可能になりました。
国内大型トラック初※2の技術です。トラックの衝突・追突事故の抑制に貢献します。

■PCSは、対車両は自動速度約10km/hから作動。対歩行者は自動速度約12~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態などによっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■数値は社内測定値。

※1 “PCS”はトヨタ自動車(株)の商標です。
※2 2017年3月時点。自社調べ。

*PCSの認識性能・制御性能には限界があります。道路状況、天候状態などによってはシステムが作動しない、衝突以外で作動する、または作動が遅れる場合があります。
*ミリ波レーダーは、動物、立木など金属以外のものは検知できません。また、自転車、オートバイなどは金属製でも障害物として検知できないことがあります。
*詳しくは、販売会社にお問い合わせください。

ドライバーモニターⅡ

時速約60km/h以上で走行時、ドライバーの前方不注意による事故を防止するため、ドライバーの顔向きや目蓋の開閉状態などをモニターカメラで常時確認。前方への注意不足を検知すると警報を発し、衝突の可能性がある場合はPCSを早期に作動させます。

*条件によっては、ドライバーの顔向き・目蓋の開閉についてドライバーモニターが正常に判定できず、警報機能が正常に作動しないことがあります。
*詳しくは、取扱説明書をご覧ください。

POINT02 緊急の対応をサポート

CASE3 大変、故障だわ!緊急事態発生ね!

ドライバー

あれ?クルマが動かないぞ。どうしよう、急ぎの荷物があるのに…会社に連絡しよう。
車両位置をすぐWebで確認!

運行管理者

トラブル発生か。車の位置は○○だな。すぐ販売会社へ連絡しよう。
Webの専用画面で
緊急の対応をサポート。

緊急時や車両に異常が発生したときには、お客様専用のWebサイト 上で車両の位置情報を確認できます。車両の位置を把握する ことで、ドライバーへの迅速な対応が可能に。

POINT03 省燃費運転をサポート

CASE4 省エネ運転のポイントが知りたいのね!まかせて!

ドライバー

省エネ運転が大事なのは分かってるけど…。
毎月の燃費状況をWebで確認!

運行管理者

今月のエコツリーレポートで、改善点を話し合いませんか?
1ヶ月ごとのレポートで
省燃費運転をサポート。

車両の燃費情報を1ヶ月ごとの診断レポートとして作成。 お客様専用Webサイトからの出力が可能で、日頃の省燃費運転の ガイドとして活用できます。

MOVIE

HINO CONNECT MOVIE

予防安全 - 事故を未然に防ぐために。hino SAFETY TECHNOLOGY

トラック・バスのドライバーの事故防止のために
生まれたさまざまな安全装備。
それが私たち日野が誇るセーフティテクノロジーです。

  • PCS(対人)

    静止歩行者も検知し、
    衝突回避を支援

  • PCS(対物)

    停止車両も検知し、
    衝突回避を支援

  • ドライバーモニターⅡ

    わき見や目蓋の開閉状態を
    検知し、警報で注意

  • 車両ふらつき警報

    車両のふらつきを
    警報音で注意

  • 車線逸脱警報

    走行車線からのはみ出しを
    警報音で注意

  • 可変配光型 ヘッドランプ

    歩行者や先行車、対向車に
    対する夜間走行をサポート

  • スキャニングクルーズⅡ

    車間距離を自動制御し、
    運転の負担を軽減

  • スキャニングクルーズⅢ

    渋滞追従機能により、
    渋滞時の運転の負担を軽減

  • サイトアラウンドモニターシステム

    前側方から接近する移動物を
    監視し、警報で注意喚起

HINO CONNECT 対応車種

  • 日野プロフィア

  • 日野レンジャー

  • 日野デュトロ

  • 日野セレガ

※安全装備については車種によって設定が異なります。

■安全運転を行う責任は運転手にあります。常に周囲の状況を把握した上で法定速度を守った安全運転を心がけてください。各安全装備・システムの性能には限界がありますので、各安全装備・システムだけに頼った運転は、絶対に行わないでください。各装備・システムはドライバーの安全運転の支援が目的であり、それ自体で事故や衝突を防止および回避するものではありません。また、装備・システムを通信せず、体調不良を感じた時等、正常な運転が困難な場合にはすみやかに安全な場所に停止してください
■各安全装備・システムについての詳細は、販売会社にお問い合わせください。
■HINO CONNECTは、データ取得に通信を利用するため、通信環境によっては、データ更新に時間がかかったり、ご利用いただけない場合がございます。