search Global
HINO PROFIA Hybrid・COOL

新発想が生む、
いっそうの低燃費とクリーン性能。

大型トラックの課題でもあるCO2の削減はもちろん、
低燃費による燃料費の節減も高い水準で実現するために。
日野プロフィア Hybrid。
今までにないシステムで
大型トラックの新しい時代を切り拓きました。

大型トラックの特徴を活かし日本の道路事情にマッチする、理想のハイブリッドシステムをめざして。

新発想01

変えたのは、大型トラックに
ハイブリッドシステムは不向きという、常識。

高速道路を走行することが多く加減速の少ない大型トラックにハイブリッドシステムは、不向きとされていました。
日野は、大型トラックの燃費性能を向上させることで、CO2排出量の削減にも貢献するため、この常識を打ち破る新たな開発を決意。大型トラックにふさわしい、新システム完成へたどり着きました。

大型トラック走行分析 高速道路57% 一般路43%
新発想02

「頻繁な下り坂」と「大きな車重」に着目。
大型トラックならではのハイブリッドへ。

日野は、勾配の多い日本の高速道路事情と大型トラックの車重に着目しました。頻繁に現れる下り坂で、“大きな車重”を活用し“大きな運動エネルギー”を回収。平坦路の走行時には、その回生パワーを活用したモーター走行を行い、燃料節約に寄与します。

車種別走行エネルギー比較 小型トラック・大型路線バス・大型トラック

経費を減らすために、働き方を変えるために、ハイブリッドシステムを使用した新しい電動冷凍車。

新発想03

直結式の「経済性」とサブエンジン式の「冷凍性能」。
お互いの長所を兼ね備えた、画期的な冷凍システムがここに。

サブエンジン式冷凍車

※.当社従来品との比較

エンジン直結式冷凍車

 日野プロフィア COOL Hybridは、ハイブリッド用バッテリーの電力で電動コンプレッサーを駆動。ベルトを介してエンジンから直接コンプレッサーを駆動する「直結式」の経済性と、専用のエンジンを用いる「サブエンジン式」の冷凍性能を高い水準で両立した画期的なシステムです。

クールハイブリッドについて

大型トラックハイブリッド化によるメリット

4.75km/L。大型トラック屈指の低燃費を実現。

「平成27年度燃費基準+15%」を達成。環境対応車普及促進税制など、税金の軽減措置が受けられるとともに、電動化対応トラック・バス導入加速事業の補助金の対象ともなる予定です。(2019年5月時点)

※.重量車モード燃費値(国土交通省審査値)15トン積、標準平ボデー完成車の数値

4.75km/L 平成27年度 燃費基準+15%達成車

CO2の排出量を低減

排出量の多くの部分を占める大型トラックのハイブリッド化によって、ディーゼル車に対し、削減効果が期待できます。

ドライバーの疲労軽減にも貢献

定速走行時にはモーターのみで走行する日野プロフィア Hybrid。平地での高速走行時には音や振動が低減されるため、ドライバーの疲労軽減にも貢献します。

アイドリング時間を減らし地域へ貢献
(電動冷凍車)

エンジン停止時にも、一定時間の冷凍・冷蔵が可能になるため、アイドリング運転の時間短縮が図れます。街中やサービスエリアでの騒音・振動の低減に貢献します。

ハイブリッドシステム

大型トラックをさらに進化させる発想の転換、先進の制御。

ハイブリッドシステム作動イメージ

ハイブリッドシステム構成信頼性・耐久性に優れたパラレル方式を採用。

ハイブリッドシステムには、日野が長年培った実績のあるパラレル方式を採用。専用に開発されたエアシリンダー式クラッチと12段式のオートトランスミッション、さらには高出力・大容量のリチウムイオンバッテリーなどによる構成で信頼性・耐久性にも優れたシステムとなっています。
(当社従来品との比較)

ハイブリッドシステム構成

道路勾配先読み制御(バッテリーマネジメント&トルク配分制御)大型トラック世界初100km先の道路の標高情報を“先読み”。
バッテリー制御などで電力を効率よく使用し、燃費効率をサポート。

GPSから受信した自車位置より、内蔵されている全国の主要な道路の情報から、進路の勾配情報をリアルタイムに構築。その情報をもとにAIがバッテリー使用の概略シナリオを作成します。その後も10km毎に細かく予測の補正を続け、燃費効果をサポートするためのバッテリー制御を行います。

※.2019年5月時点。自社調べ。

バッテリーマネジメント&トルク配分制御

燃費を的確に把握できる HINO CONNECT

ネットワークでつなぎ、より安心・安全、経済的に。

お客様の車両と日野が通信することで、稼動サポートのための各種サービス/コンテンツをご提供することが可能になります。

お客様と日野をつなぐ新たなコミュニケーションツール。

各種通知機能やWeb閲覧機能で安全・省燃費運転、
車両のアップタイム最大化をサポートします。

安全装置(PCS・ドライバーモニター)が作動した場合、それを検知し、日野からお客様へ直接メールでご連絡
車両の燃費情報を1ヶ月毎のレポート(エコツリーレポート)としてお客様専用Webサイトより出力可能
緊急時や車両に異常が発生した際には、お客様専用Webサイト上で車両の現在位置を確認可能
安全装置(PCS・ドライバーモニター)が作動した場合、それを検知し、日野からお客様へ直接メールでご連絡

クールハイブリッド

回生パワーで生み出す電力を冷凍・冷蔵にも活用。

日野プロフィア COOL Hybrid 撮影用特別仕様車

Photo:日野プロフィア COOL Hybrid 撮影用特別仕様車 ■写真は合成です。

クールハイブリッドシステム構成 国内大型トラック初回生エネルギーを利用してコンプレッサーを駆動するハイブリッドの利点を活かした冷凍性能。

走行中に回収した回生エネルギーを大容量バッテリーに蓄え、その電力で走行だけでなく、冷凍コンプレッサーも駆動。これまでになかった、ハイブリッド車ならではの冷凍方式は、メンテナンスの手間や燃料費の負担の軽減に貢献できる、画期的なシステムとなっています。
※.2019年5月時点。自社調べ。

クールハイブリッドシステム構成

冷凍能力車両の走行状態に影響をうけず、最適な温度を維持。

車両のアイドリング時や低速走行時でも安定した高い冷凍能力を発揮。サブエンジン式と同等の能力を、低燃費、低騒音のハイブリッドシステムで実現しています。

車速別冷凍能力

※.同クラスのディーゼル冷凍車との比較(自社調べ)

予冷能力 予冷時間の短縮で、事前準備の手間も短縮。

高出力モーターの採用によって、“冷やす力”もいちだんと向上。特に、予冷時間が大幅に短縮されるため、出発前の準備も短時間で行えるようになりました。
同時に、時間短縮による運行経費の削減に寄与します。

外気35℃での庫内−20℃到達時間

※.デンソー製冷凍機の場合

冷凍性能休憩、荷待ちなどのエンジン停止時でも冷却可能に。

大容量バッテリーによるコンプレッサー駆動は、エンジン停止時にも、冷凍・冷蔵を一定時間可能にします。休憩や荷待ちの際にもアイドリングを続ける必要がありません。

エンジン停止時での庫内品温維持目安時間

メンテナンスオールインワンの構造で、メンテナンスコストを削減。

冷凍・冷蔵をハイブリッド用バッテリーの電力で行う、日野プロフィア COOL Hybridは、従来のサブエンジン式・直結式に比べ、車両側への配管・ベルトの無いシンプルな構造です。したがって、それらの部品交換やサブエンジンのオーバーホールなどのメンテナンスの手間が省け、コストの削減にも寄与します。

オールインワンの構造で、メンテナンスコストを削減。

サイト内検索