search Global

安全性能

万が一の事故防止をサポートする、安全性能が向上しました。

市街地を走る小型トラックが直面する、歩行者・自転車・車両との衝突・接触の危険性など、様々な状況を想定した予防安全性が向上。進化した検知システムにより、衝突リスクの軽減をはじめ、
前進誤発進の抑制、近接障害物との衝突回避など、ドライバーの日々の安全運転 に大きく貢献します。

先進システムの標準装備化で、ドライバーにもっと安心を。 Photo:カーゴ・標準幅キャブ・標準ルーフ・超低床・標準長・2.0トン積・ディーゼル車・2WD・スタンダードグレード。スマートエントリー&スタートシステムはオプション。■写真は合成です。
「サポカー」
経済産業省・国土交通省や自動車関係団体では、高齢運転者を含めた全ての自動車運転者による交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、自動(被害軽減)ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転機能を備えた車を「安全運転サポート車(サポカー)」と称してその普及に取り組んでいます。

予防安全|事故を未然に防止するために。

PCS(プリクラッシュセーフティ 歩行者(昼夜)・自転車運転者(昼)検知機能付衝突回避支援タイプ)昼夜の車両・歩行者、さらに自転車運転者(昼)を検知。警報とブレーキで衝突回避・被害軽減を支援。

雨や霧など天候の影響を受けにくいミリ波レーダーと、画像センサーの性能向上により、昼夜を問わず車両、歩行者の検知が可能に。さらに自転車運転者(昼)の検知機能も追加されました。

■PCSは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者・自転車運転者(昼)は自車速度約12~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態などによっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。■数値は社内測定値。

  • ※“PCS”はトヨタ自動車(株)の商標です。 *PCSはドライバーの安全運転を支援する機能です。システムを過信せず、安全運転を心がけてください。 *ミリ波レーダーは、動物、立木など金属以外のものは検知できません。
    また、自転車、オートバイなどは金属製でも障害物として検知できないことがあります。*詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
PCS衝突被害軽減

前進誤発進抑制機能アクセルを踏み間違えても、
衝突回避を支援。

コンビニなどの壁面ガラスもしっかり検知するソナーセンサーを車両前方に装備。マルチディスプレイ表示と警報音でドライバーに注意を喚起し、アクセルを踏み間違えた場合などにエンジンの出力制御とブレーキ制御により衝突回避を支援します。

作動イメージ

低速衝突被害軽減機能低速(10km/h以下)走行での
衝突回避を支援。

停車中にうっかりブレーキが緩んで車が動き出しても、前方の障害物を検知するとドライバーに注意を喚起。さらに距離が縮まるとエンジンの出力制御とブレーキ制御により衝突回避を支援します。

クリアランスソナー接近する障害物を検知して
アラートでお知らせ。

作動イメージ

自車と障害物との距離が近づくに従い、車内の警報音が断続音から連続音に変化。マルチインフォメーションディスプレイ表示とともにドライバーに知らせます。狭い場所に駐車する場合などに接触や衝突の回避を支援します。

電子インナーミラー後方の安全確認がより簡単に。

インナーミラーにはスイッチ操作で後退時に「近接後方」を表示する機能と、走行時・停車時に「遠方後方」を表示する機能を追加しました。荷物などで視界をさえぎられても後方の安全確認をすることができるとともに駐車時などには後退操作の補助として役立ちます。

*LED光源を使用した照明や電光掲示板などが映った場合は、映像がちらつく場合があります。使用状況により、太陽光線や照明等の直接光・反射光がモニターに入ると、モニター映像が見にくくなることがあります。

電子インナーミラー

フロントワイドビュー運転席の前面にはさえぎるものが少なく広い視界を確保。

安全な運転に大事なのは、あらゆる場所に危険がないかドライバーが目で見て注意を払える広い視界です。日野デュトロは、カメラなどのセンサーをフロントウィンドウの上部に設置。ダッシュボード上もスッキリしていてドライバーの見えやすさを優先したデザインとなっています。

機動性の高い最小回転半径 4.4m

ワイドビューピラー良好で死角の少ない視界を確保。

ワイドビューピラー

ワイドビューピラーは、強度を確保しながら、ピラーの断面形状を工夫することにより、視界の妨げとなる妨害角を小さくしています。歩行者などのより早い確認を助けるとともに、開放感も高めました。

左目視 右目視 両目視のピラーが重なり合わないため、良好な視界確保に貢献。

電動格納2面鏡式ミラー(運転席は手動式)車両側方・後方の視野をさらに拡大。

車両側面の視界エリアを大幅に拡大した電動格納2面鏡式ミラーを標準装備。右左折時の歩行者などの早期発見により、巻き込み事故防止などに貢献します。

  • 視界拡大エリア
  • 格納スイッチ/リモコンスイッチ
    • 多様なミラーによって、安全への配慮を追求しています。
    • 助手席電動格納2面鏡式ミラー(運転席は手動式)
    • 運転席・助手席電動格納熱線リモコン2面鏡式ミラー(メーカーオプション)
    • 運転席2面鏡式ミラー・助手席ワイドビュー2面鏡式ミラー(メーカーオプション)
    • 運転席・助手席視界拡大ミラー(メーカーオプション)

最小回転半径4.4mキビキビと軽快に働ける小回り性能。

おもに市街地を走る小型トラック。取り回しの良さは、運転しやすさの大きなポイントです。日野デュトロは、狭い道路の走行や縦列駐車などにも安心な、軽自動車並の最小回転半径を実現しています。

※カーゴ・標準幅キャブ・全低床・標準長・ディーゼル車・2WD・前輪独立懸架サスペンション・195/75R15タイヤ装着車の場合。その他の車型については別冊の主要諸元表をご覧ください。

機動性の高い最小回転半径 4.4m

LED ヘッドランプ夜間の見えやすさ、
見られやすさの向上に貢献。

ロービーム、ハイビームともにLED化を実現し、全車に標準装備しました。配光の奥行き・広がりを確保することで夜間運転時の視認性を上げ、いち早く障害物や車両の発見をサポート。安全性はもちろん、ハロゲン式ヘッドランプと比べて省電力性とランプの寿命も向上しています。

LED式ヘッドランプ(ハイビーム) ハロゲン式ヘッドランプ(ハイビーム)

ヘッドランプクリーナーOPTION 汚れや雪を落とし、
夜間の視界をいつでも良好に。

ヘッドランプに付着した泥やホコリ、雪を落とすための装置です。夜間、雨や雪でぬかるんだ道路を走行する際などに、良好な視界を確保するのに役立ちます。

ヘッドランプクリーナー

VSC(車両安定制御システム) 滑りやすい路面やカーブでの
事故の抑制に貢献。

カーブでの車線からのはみ出し(ドリフトアウト)や横転、滑りやすい路面でのスリップやスピンなどの抑制に寄与するため、警報音、エンジン出力制御、ブレーキングにより、ドライバーの危険回避操作をサポート。精神的、肉体的な負担の軽減に貢献します。

※VSC=Vehicle Stability Control “VSC”はトヨタ自動車(株)の商標です。

*車両の速度がVSCの制御の限界を超えているとき、積荷の積み方が適正でないとき、また道路状況、天候状態など によってはVSCが作動しなかったり、作動してもその効果が十分に得られない場合があります。詳しくは、販売会社 にお問い合わせください。

VSC(車両安定制御システム)
VSC

車線逸脱警報 車線からの逸脱を検知し、警告。

ディスプレイ表示
ディスプレイ表示

道路上の白線(黄線)を画像センサーで認識。ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、警報ブザーとディスプレイ表示で注意を喚起します。

*本システムは道路状況、車両状態および天候状態などによっては、ご使用になれない場合があります。

電動パーキングブレーキ 軽いスイッチ操作で制動力を確保。

電動パーキングブレーキ

軽いレバースイッチのON・OFF操作だけで、パーキングブレーキの作動・解除ができます。電動モーターが車両の状況に応じて、引き代を自動コントロールし制動力の確保に貢献します。

*電動パーキングブレーキを作動させるとモーター作動音がします。

TRC[トラクションコントロール] 発進・加速時の走行安定性を向上。

滑りやすい路面での発進・加速時にタイヤの空転を抑え、適切な駆動力の確保をサポート。発進時・加速中の操縦性、車両安定性の向上に貢献します。

※TRC=Traction Control “TRC”はトヨタ自動車(株)の商標です。

TRC[トラクションコントロール]

EBD※1[電子制動力配分制御]機能付 ABS※2 積載状態に応じて、ブレーキを最適制御。

制動時にタイヤのロックを防ぐABS機能に加え、最大積載量までの、積載状態に応じて前後輪への制動力配分を行うEBD機能を採用。
空車時など、後輪への荷重が少ない状態においてもバランスのとれたブレーキ性能発揮に寄与します。

※1 EBD=Electronic Brake-force Distribution

※2 ABS=Anti-lock Brake System

ブレーキ・オーバーライド・システム ブレーキを優先して、安心走行へ配慮。

ブレーキペダルとアクセルペダルが同時に踏まれた場合、駆動力を抑制しブレーキを優先して作動させるシステムです。

衝突安全|万一の場合も、被害を最小化するために。

イージスキャブ事故が起きても、ドライバーをしっかり守る装備が充実。

イージスキャブ EGIS CAB

高剛性キャブを始め、SRSエアバッグ、プリテンショナー付シートベルト、衝撃吸収機能付ステアリング&可倒式ステアリングコラム、ドアビームなどの衝突安全性を高める機構を備えたキャビンの総称です。

FUP[フロントアンダーランプロテクター]万一の衝突時、乗用車の潜り込みを抑制。

万一、乗用車などと正面衝突した際に、相手車両がトラック前方下部へ潜り込むのを抑制するFUPを装備。相手車両へのダメージをできるかぎり抑え、お互いの衝突被害の軽減に役立ちます。

FUPは、乗用車などの相手車両がトラック前方下部に潜り込むのを完全に防止するものではありません。

※フロントバンパー下端地上高400mm以上または、車両総重量7.5トン超車に標準装備。
詳しくは販売会社営業スタッフにご確認ください。

運転席SRSエアバッグ 助手席SRSエアバッグはOPTION全車、SRSエアバッグを運転席に標準装備。

万一の衝突時、SRSエアバッグが作動。シートベルトの働きと併せて、乗員のダメージ軽減に寄与します。また、強い衝撃に対して瞬時にシートベルトを巻き取り、乗員の拘束効果を高めるプリテンショナー付運転席シートベルトも標準装備しています。

※SRS=Supplemental Restraint System:乗員保護補助装置
助手席SRSエアバッグ、プリテンショナー付助手席シートベルト、助手席シートベルト非装着警告灯はセットでメーカーオプションです。

*写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。

運転席SRSエアバッグ 助手席SRSエアバッグはOPTION

各安全装備・システムだけに頼った運転は、絶対に行わないでください。思わぬ事故につながり、重大な障害に及ぶか、最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。各装備・システムはドライバーの安全運転の支援が目的であり、それ自体で事故や衝突を防止および回避するものではありません。

<PCS>●PCSは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者・自転車運転者は自車速度約12~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態などによっては作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。■数値は社内測定値。●ミリ波レーダーは動物、立木など金属製以外のものは検知できません。また、自転車、オートバイなどは金属製でも障害物として検知できないことがあります。
<VSC>●VSCはあらゆる状況において車両の横転やスピン等を完全に防止するものではありません。道路状況,車両状態,天候状態およびドライバーの操作状況によっては、VSCが作動しなかったり、作動してもその効果が十分に得られない場合があります。運転時は、常に法定速度を守り、周囲の状況に応じた安全運転を心がけてください。また、次のような状況ではVSCが作動しなかったり、作動してもその効果が十分に得られない場合があります。■車両の速度がVSCの制御の限界を越えているとき■積荷の積み方が適正でないとき
<車線逸脱警報>●本機能は車線からの逸脱をシステムが検知した際にドライバーに注意喚起するものです。ステアリング制御ではありません。●画像センサーは走行状態や外部の環境および車両状態によっては作動しない場合があります。システムを過信せず、安全運転を心がけてください。
<SRSエアバッグ>●SRSエアバッグは、シートベルトを補助する乗員保護補助装置です。安全のためには正しい姿勢で正しくシートベルトを着用することが前提となります。エアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合、追突された時、横転時などの条件下および架装物によっては作動しない場合があります。また、チャイルドシートを助手席に装着する場合に、後ろ向きにしないなど、お守りいただきたい項目があります。車両の取扱説明書を必ずご覧ください。

サイト内検索