search Global

日野自動車、ダカールラリー2018に日野レンジャー2台で参戦し、連続27回完走、クラス9連覇、菅原義正氏連続35回参戦の、3つの記録更新に挑戦

イベント

2017年10月19日
No.17-025

日野自動車株式会社(以下、日野)は、2018年1月6日~20日にペルー、ボリビア、アルゼンチンの3ヵ国に渡って開催されるダカールラリー2018のトラック部門に、菅原義正氏が率いるチームスガワラと共に「日野チームスガワラ」として日野レンジャー2台で参戦します。1991年に日本の商用車メーカーとして初めて同ラリーに参戦して以来、四半世紀を超えて27回目の連続完走に挑戦します。

チームのエースドライバーである菅原照仁氏は、前回の2017年大会でチームの最多記録を上回る排気量10リットル未満クラス8連覇を達成しました(それまでは1996年~2002年の7連覇が最多)。2009年に開催地が南米へ移ってから、トラック部門は年を追うごとにスピードを競うスプリントレースの傾向を強めていますが、日野の技術陣が菅原照仁氏の駆る日野レンジャーを徹底的にチューニングし、ハイスピードでの耐久性をさらに向上させて、今大会でクラス9連覇に挑戦します。

チームの代表を務める「ダカールの鉄人」こと76歳の菅原義正氏は、1983年にパリ・ダカールラリー(当時)の二輪部門に初参戦して以来、1992年から日野のチームに合流して参戦を続けており、前大会では同ラリーの史上最多となる連続34回出場の世界記録が、ギネスブックに認定されました。菅原義正氏は、全国の販売会社から選抜されたメカニック陣と共に、8月にモンゴルで開催されたラリーモンゴリアに日野レンジャーで参戦し、実戦でのトレーニングと車両テストを重ねて、今大会で前人未到の記録更新に挑戦します。

ダカールラリーのトラック部門は、排気量が10リットルを超えるモンスタートラックが上位を占めていますが、日野のチームは「小よく大を制す」をモットーに知恵と技術を駆使して、ライバル勢に果敢に挑戦し互角に戦い続け、自らの持つ記録を塗り替えてきました。今大会でも、日野のクルマづくりの技術力、販売会社メカニックの整備力、チームスガワラの長年にわたって蓄積されたノウハウを結集し、鉄壁のチームワークで「世界一過酷」と言われるラリーに挑戦します。

  • 日野レンジャー ダカールラリー2018参戦車 (左:2号車、右:1号車)
  • 「日野チームスガワラ」 ダカールラリー2018参戦メンバー

本リリースに掲載している写真の画像データは、以下のリンクからダウンロードできます。
日野レンジャー ダカールラリー2018参戦車 (左:2号車、右:1号車)
「日野チームスガワラ」 ダカールラリー2018参戦メンバー

日野自動車のダカールラリー参戦活動の詳細については、公式ウェブサイトをご参照ください。
https://www.hino.co.jp/corp/dakar/

日野レンジャー ダカールラリー2018 参戦車スペック

この表は横にスクロールできます

1号車2号車
エンジン
エンジン型式A09C-TI(ターボインタークーラー付き)
エンジン形式ディーゼル4サイクル直列6気筒
排気量8.866L
最高出力/回転数670ps / 2,300rpm700ps / 2,400rpm
最大トルク/回転数236kgm / 1,200rpm236kgm / 1,200rpm
駆動系
駆動方式パートタイム4WDフルタイム4WD
トランスミッション前進6速・後退1速
トランスファーHi-Loレンジ切替付
タイヤXZL+ 14.00R20
シャシ
車両総重量7,300kg7,600kg
全長6,290mm6,370mm
全幅2,500mm2,500mm
全高3,150mm3,150mm
ホイールベース3,890mm3,970mm
燃料タンク700L

「日野チームスガワラ」ダカールラリー2018参戦メンバー

チーム代表 兼
1号車ドライバー
菅原 義正すがわら よしまさ
(日本レーシングマネージメント)
同ナビゲーター羽村 勝美はむら かつみ
(ジャストスピード)
2号車ドライバー菅原 照仁すがわら てるひと
(日本レーシングマネージメント)
同ナビゲーター髙橋 貢たかはし みつぐ
(日本レーシングマネージメント)
メカニック・
リーダー
鈴木 誠一すずき せいいち
(日本レーシングマネージメント)
メカニック・
サブリーダー
岡部 陽一おかべ よういち
(日野自動車 車両生技部)
メカニック髙野 雄生たかの ゆうき
(群馬日野自動車)
メカニック木下 大樹きのした ひろき
(横浜日野自動車)
メカニック山内 愛一朗やまうち あいいちろう
(富山日野自動車)
メカニック澁谷 亮太しぶたに りょうた
(神戸日野自動車)

以上

HINO TOPICS

サイト内検索