search Global

HINO TEAM SUGAWARA

日野チームスガワラは、日野自動車と日本レーシングマネージメントで構成されるダカール・ラリー共同参戦チーム。2019年春、菅原照仁新チーム代表の下、さらなる高みを目指すため新体制を構築。

メンバー

チーム代表には、「ダカール・ラリーの鉄人」菅原義正氏の次男でこれまでも「日野チームスガワラ」のエースドライバーとして活躍していた菅原照仁氏が就任。更に新たなドライバーとして、国内外のオフロードレースで活躍する塙郁夫氏を迎えた。また、日野自動車本社にて車両開発に携わり高度な知識を深めてきた社員メカニックや、全国から公募により選抜した腕利きの日野販売会社メカニックを集める他、サポートメンバーによってチームは構成されている。

さらに、2019年春、日野自動車でも上位への挑戦を一丸となって推進するため、専任のチーフエンジニアや車両開発の最先端にいる技術者を結集させ「新生チームダカール」を社内に発足させた。また、レース開催国の販売代理店は車両整備拠点を設営するなど、HINOグループが一丸となって挑戦している。

菅原 照仁(すがわら てるひと)

チーム代表 兼 1号車ドライバー

日本レーシングマネージメント(株)代表取締役
1972年7月13日生まれ、東京都港区出身
「ダカール・ラリーの鉄人」菅原義正氏の次男。1998年のダカール・ラリーにメカニックとして初参戦し、翌年からは父・義正氏のナビゲーターを担当。同時に国内オフロードレースやラリーモンゴリアなどで経験を重ね、2003年のファラオラリー(エジプト)では日野レンジャーを駆ってトラック部門総合優勝を飾った。ダカール・ラリー2005年大会からは親子2代の2台体制による参戦を開始し、2007年には排気量10リットル未満クラスで初優勝。2019年大会で同クラス10連覇を達成した。同大会を最後に父・義正氏がダカール・ラリーから勇退したことを受けて、チーム代表に就任。

塙 郁夫(はなわ いくお)

2号車ドライバー

サミットレーシングプロモーションズ代表
1960年6月9日生まれ、茨城県笠間市出身
高校3年生の時に、「全日本オフロードレース選手権」でデビューを飾る。学生の頃からキャリアを積み、2001年には公式戦において100勝オーバーを樹立。海外ではアメリカンオフロードレースのビッグイベント「BAJA1000」に出場し、1991年に日本人初完走&5位入賞の偉業を達成。2002年には同大会でクラス優勝を獲得し、国内外でオフロードレーサーとしての地位を確立している。

レーシングトラック

リトルモンスターと称される、日野のダカール・ラリー参戦車両。

日野のダカール・ラリー参戦車は、世界中で物流を支える中型トラック「日野レンジャー(英語名:HINO500 Series)」をベースに開発されており、さらに2019年からは北米専用車(英語名:HINO 600 Series)をベースに新たな2号車を製作。ダカール・ラリーにおいて、中型トラックは機動性に優れる一方で、大型トラックに対しては絶対的なパワーが有利とは言いがたい。しかし、日野は初参戦以来一貫して、軽量な車体で俊敏性に優れる中型トラックでの挑戦を続けており、排気量が大きいライバルの大型トラックと熾烈な戦いを繰り広げる勇姿から、「リトルモンスター」と称されている。

2019年製作の2号車について

総合上位への挑戦に向け、走行性能に徹底的にこだわり、車両の基本性能を向上させた新型2号車を製作。前回ダカール・ラリーから採用しているBOX断面フレームや上下左右分離機構キャブサスペンションを採用。更に、悪路での高速走行安定性と振動低減による乗員負担の軽減を図るため、ボンネットタイプのキャブの採用や、加速性向上を目的としたトルコン式ATも採用した。

日本を代表する「HINO」ブランドのトラックが持つポテンシャルを最大限に引き出すために、日野の技術陣が知恵と工夫を重ねて、「世界一過酷」なラリーに挑むレーシングトラックは日々進化を続けている。

車両 スペック表

この表は横にスクロールできます

  1号車
ドライバー:菅原照仁
2号車
ドライバー:塙郁夫
ベース車両 日野レンジャー
(HINO 500シリーズ)
北米専用車
(HINO 600シリーズ)
エンジン  
エンジン型式 A09C-TI(ターボインタークーラー付き)
エンジン形式 ディーゼル4サイクル直列6気筒
排気量 8.866L
最高出力/回転数 750PS/2600rpm
最大トルク/回転数 236kgm/1200rpm
駆動系  
駆動方式 フルタイム4WD
トランスミッション MT
(前進6速・後退1速)
トルコン式AT
(前進6速・後退1速)
トランスファー Hi-Loレンジ切替付、センターデフロック付
タイヤ XZL+ 14.00R20
シャシ  
車両総重量 8,305kg 8,480kg
全長 6,700mm 6,620mm
全幅 2,500mm
全高 3,000mm 3,100mm
ホイールベース 4,170mm
燃料タンク 760L

アシスタンストラック HINO700 Series ZS

ラリー中に必要となるスペアパーツの輸送やメカニックの移動手段として、日野が誇る大型トラック・HINO700 Series ZS 2台を中心に、ラリー車をサポート。メカニックは担当のサポート車両に分乗し、ビバークを巡る。彼らの活躍からも目が離せない。

HINO TOPICS

もっと、はたらくトラック・バス

サイト内検索