安全性能

安全をトータルで考え、安心をサポート。

Photo:デラックス。■写真は合成です。写真はイメージです。

昼夜の歩行者・自転車運転者も検知し、衝突回避を支援。 PCS※1(プリクラッシュセーフティシステム 歩行者・自転車運転者(昼夜)検知機能付衝突回避支援タイプ)

PCSは、衝突時の速度を抑え、衝突被害の軽減に寄与するシステムです。走行中、ミリ波レーダー+画像センサーにより、車両、歩行者、自転車運転者を検知。万一衝突の可能性がある場合には警報ブザーとディスプレイ表示で警告を発し、ブレーキを踏まない場合には衝突被害軽減ブレーキが発動します。バスの衝突・追突事故の抑制に貢献します。

■PCSは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者および対自転車運転者は自車速度約10~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態などによっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。■数値は社内測定値。

  • ※1:“PCS”はトヨタ自動車(株)の商標です。
  • *PCSはドライバーの安全運転を支援する機能です。システムを過信せず、安全運転を心がけてください。
  • *ミリ波レーダーは、動物、立木など金属以外のものは検知できません。また、オートバイなどは金属製でも障害物として検知できないことがあります。
  • *詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
PCS(プリクラッシュセーフティシステム 歩行者・自転車運転者(昼夜)検知機能付衝突回避支援タイプ)

滑りやすい路面やカーブでの事故の抑制に貢献。 VSC※2(車両安定制御システム)

カーブでの車線からのはみ出し(ドリフトアウト)や横転、滑りやすい路面でのスリップやスピンなどの抑制に寄与するため、警報音、エンジン出力制御、ブレーキングにより、ドライバーの危険回避操作をサポート。精神的、肉体的な負担の軽減に貢献します。

  • ※2:“VSC”はトヨタ自動車(株)の商標です。
  • *車両の速度がVSCの制御の限界を超えているとき、また道路状況、天候状態などによってはVSCが作動しなかったり、作動してもその効果が十分に得られない場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
作動イメージ

走行車線から車両がはみ出すと、警報で注意を喚起。 車線逸脱警報

走行車線からの逸脱を画像センサーがとらえ、警報によってドライバーに注意を喚起。接触事故などの未然の防止に貢献します。

  • *道路状況、車両状態、天候状態によっては作動しない場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
  • *詳しくは、取扱説明書をご覧ください。
作動イメージ
作動条件(装着法規要件の新基準に適合)
時速約60km/h超・曲線約R250m以上で作動。
タイヤ外側逸脱量約0.3mを超える手前で警報。

ドライバーの異常を検知し、車両を停止。事故発生の抑制に貢献。 ドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)

ドライバーに急病などの異常が発生した際、ドライバー自身又は乗務員がドライバー席スイッチを押すか、もしくは乗客が客席上部に設置された客席スイッチを押すことで、車両が制動を開始。徐々に速度を落とし停止します。同時に車内では、非常ブザーが鳴るとともに、客席スイッチ内蔵ランプが点滅、赤色フラッシャーが点滅して乗客に伝達。一方、周囲にはホーンを鳴らし、ストップランプとハザードランプを点滅させ異常を知らせます。

  • *道路状況、車両状態、天候状態によっては作動しない場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。*詳しくは、取扱説明書をご覧ください。
  • 客席スイッチ
    客席スイッチ
  • 客席スイッチはルームラックの最前列上部に2ヵ所設置
    客席スイッチはルームラックの最前列上部に2ヵ所設置
  • ドライバー席スイッチ(内蔵ランプが点灯)
    ドライバー席スイッチ(内蔵ランプが点灯)
  • 客席スイッチ(内蔵ランプが赤色に点滅)
    客席スイッチ(内蔵ランプが赤色に点滅)
  • 赤色フラッシャーが点滅
    赤色フラッシャーが点滅
  • ストップランプとハザードランプが点滅
    ストップランプとハザードランプが点滅
ドライバー異常時対応システム( EDSS:Emergency Driving Stop System)作動イメージ

夜間の見やすさをサポートする“自動ハイビーム”。 オートマチックハイビーム

夜間に対向車や先行車がいる場合はロービームに、いない場合はハイビームへ自動的に切り替わります。街灯がまばらな場所などにおいて、歩行者などの早期発見をサポートして事故抑制に貢献します。

  • *道路状況、車両状態、天候状態によっては作動しない場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
  • *詳しくは、取扱説明書をご覧ください。
作動イメージ

車外の明るさに応じ、自動で点消灯。 オートヘッドランプ

周りの明るさに応じ、自動的にヘッドランプを点灯・消灯します。夜間の視認性を向上させ、夕方時のヘッドランプ点け忘れによる事故の防止に貢献します。

万一の際のダメージを軽減。 SRSエアバッグ

万一の衝突の際、SRSエアバッグが作動。シートベルトの働きと併せて、乗員のダメージ軽減に寄与します。

  • *SRSエアバッグは、シートベルトを補助する乗員保護装置です。安全のためには正しい姿勢で正しくシートベルトを着用することが前提となります。SRSエアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合、追突された時、横転時などの条件下では作動しません。
  • *写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。

走行時の身体をしっかりホールド。 シートベルト

客席シートには、掛け違い防止を図るため色分けしたシートベルト(最前列:ELR3点式、2列目以降:ELR2点式)を採用。ドライバーズシートにはプリテンショナー機能付ELR3点式シートベルトを、ガイド席、補助席には2点式シートベルトを設け、走行時の安全性を高めています。

  • 運転席プリテンショナー機能付ELR3点式シートベルト
  • 客席色違いシートベルト
    ガイド席ELR2点式シートベルト
保安基準改正に適合
日野メルファの客席および運転席は、「シートおよびシートベルトに関する保安基準の改正」に適合しています。

乗る人の安全性に配慮。 衝撃緩和への配慮

リクライニング式シートは、シートバック上部の「ソフトエリア」の拡大をはじめ、背裏取付品のソフト化を実施。さらに、冷蔵庫や運転席・出入口仕切の上部にクッション材としてのソフトパッドを施すなど、万一の衝突時の衝撃をやわらげます。

乗る人の安全性に配慮。 高剛性ボデー

高強度ボデー衝突実験図

ボデー全体の強度を追求し、ドライバーとお客様の安全性を確保。またボデー全体の剛性確保により、乗り心地の良さや静粛性も高めています。

各安全装備・システムだけに頼った運転は、絶対に行わないでください。思わぬ事故につながり、重大な傷害に及ぶか、最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。また各装備・システムはドライバーの安全運転の支援が目的であり、それ自体で事故や衝突を防止および回避するものではありません。

<PCS> ●PCSは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者および対自転車運転者は自車速度約10~80km/hで作動します。■数値は社内測定値。●ミリ波レーダーは動物、立木など金属製以外のものは検知できません。また、オートバイなどは金属製でも障害物として検知できないことがあります。
<VSC> ●VSCはあらゆる状況において、車両の横転やスピン等を完全に防止するものではありません。また、次のような状況ではVSCが作動しなかったり、作動してもその効果が十分に得られない場合があります。■車両の速度がVSCの制御の限界を超えているとき。
<車線逸脱警報> ●本機能は車線からの逸脱をシステムが検知した際にドライバーに注意喚起するものです。ステアリング制御ではありません。●画像センサーは走行状態や外部の環境および車両状態によっては作動しない場合があります。
<SRSエアバッグ> ●SRSエアバッグは、シートベルトを補助する乗員保護装置です。安全のためには正しい姿勢で正しくシートベルトを着用することが前提となります。エアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合、追突された時、横転時などの条件下では作動しない場合があります。車両の取扱説明書を必ずご覧ください。

サイト内検索