search Global

日野自動車、中型バス「日野メルファ」を改良して新発売

商品・技術情報

2021年9月17日
No.21-024

予防安全対策で安全運転をサポート

 日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:小木曽聡、以下 日野)は、中型バス「日野メルファ」を改良し、安全装備を大幅に拡充して101日に発売します。

 今回の改良では、PCSVSC、ドライバー異常時対応システム(EDSS)といった安全装備を標準装備し、万が一の事故防止に貢献します。また、車両稼働情報をベースにお客様のビジネスを支援するICTサービス「HINO CONNECT」に対応しています。
※PCS、VSCはトヨタ自動車株式会社の登録商標です。

【主な特長】
■PCS (プリクラッシュセーフティシステム)
万一衝突の可能性がある場合には警報ブザーとディスプレイ表示で警告を発し、ブレーキを踏まない場合には減速して衝突回避の支援を行うシステムです。

■VSC(車両安定制御システム)
カーブでの車線からのはみ出し(ドリフトアウト)や横転、滑りやすい路面でのスリップやスピンなどの抑制に寄与するため、警報音、エンジン出力制御、ブレーキングにより、ドライバーの危険回避操作をサポートします。

■車線逸脱警報
走行車線からの逸脱を画像センサーがとらえ、警報によってドライバーに注意を喚起。接触事故などの未然防止に貢献します。

■ドライバー異常時対応システム(EDSS)
車両走行中、乗務員に異常が発生した際に、運転席もしくは車内の非常ブレーキスイッチを押すことで徐々に減速し車両を停止させます。

■オートヘッドランプ
周囲が暗くなると自動的に点灯し、夜間の視認性を向上させます。

■ICTサービス「HINO CONNECT」
通信端末を標準搭載し、車両稼働情報をベースにお客様のビジネスを支援する「HINO CONNECT」に対応。車両1台1台を最適な状態に保つためのサービスを提供します。

 日野は、豊かで住みよい持続可能な社会の実現を目指して、中期経営戦略「Challenge2025」において「安全・環境技術を追求した最適商品の提供」「最高にカスタマイズされたトータルサポート」「新たな領域へのチャレンジ」の3つの方向性で取り組んでいます。今後も多様化するお客様のニーズにきめ細かくお応えすべくチャレンジを続けてまいります。

■車両外観イメージ
日野メルファ_21MY_RoyalSaloon_blue.jpg■東京地区希望小売価格(代表車型)

車名・型式

エンジン

トランスミッション
乗車定員

価格

(税抜き)

日野メルファ
ロイヤルサルーン
2DG-RR2AJDA
(写真掲載)

A05C-TH<A5-Ⅷ>
162kW(220PS)
6速AMT
(ProShift6)

35人

23,127,500円
(21,025,000円)

日野メルファ
デラックス
2DG-RR2AJDA

45人

18,458,000円

(16,780,000円)

(参考)
「日野メルファ」の安全性能

以上


SDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献】
日野では、自由に安全に効率的に、人と物が移動する「豊かで住みよい持続可能な社会」の実現を目指し、お客様・社会への価値提供として①日野車による「交通死亡事故ゼロ」、②「CO₂排出量の大幅削減」、③「お客様ビジネスの発展支援」、④「人流・物流の更なる効率化」の4つに取り組んでいます。

本件は、①日野車による「交通死亡事故ゼロ」を通じて、SDGsの以下の目標達成に貢献します。

安心・安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現
交通死亡事故ゼロ、CO₂排出量の大幅削減、人流物流のさらなる効率化によって、「豊かで住みよい持続可能な社会」実現を目指します。

(参考)
SDGsと日野の戦略・取組み(PDF)
安心・安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現(PDF)

HINO TOPICS

サイト内検索