search Global

ダカールラリー2018 走行距離と出場台数が発表

2017年12月8日
No. PD18-19

いよいよ開催が近づいてきたダカールラリー2018の、各部門の走行距離と出場台数が主催者から発表されました。

トラック部門の走行距離の合計は8,710km、そのうちSS(競技区間)の合計は4,154kmです。前大会は、悪天候により2つのステージがキャンセルとなり、距離が短縮されたステージもあったため、SSの合計は2,262kmでした。前大会と比較すると、今大会のSSは倍近い走行距離になります。

この表は横にスクロールできます

日付ステージスタートゴール走行距離SS
1月6日(土)ステージ1リマ(ペルー)ピスコ27231
1月7日(日)ステージ2ピスコピスコ278267
1月8日(月)ステージ3ピスコサン・ファン・デ・マルコナ502295
1月9日(火)ステージ4サン・ファン・デ・マルコナサン・ファン・デ・マルコナ444330
1月10日(水)ステージ5サン・ファン・デ・マルコナアレキパ932267
1月11日(木)ステージ6アレキパラパス(ボリビア)758313
1月12日(金)休息日ラパス
1月13日(土)ステージ7ラパスウユニ669368
1月14日(日)ステージ8ウユニトゥピサ558380
1月15日(月)ステージ9トゥピササルタ(アルゼンチン)754242
1月16日(火)ステージ10サルタ(アルゼンチン)ベレン795372
1月17日(水)ステージ11ベレンチレシト746280
1月18日(木)ステージ12チレシトサンフアン791522
1月19日(金)ステージ13サンフアンコルドバ927368
1月20日(土)ステージ14コルドバコルドバ284119
合計(km)8,7104,154

コースの詳細は、主催者のウェブサイトをご参照ください。
URL:
https://www.dakar.com/dakar/2018/us/route.html

今大会は、前半が砂漠、中盤が高地での競技、そして後半はスピードステージになることが予想されます。特に1月18日のステージ12は、今大会で最長となる522kmのSSが設定されており、ゴール地のコルドバを前にして、熾烈な戦いとなることが予想されます。

ダカールラリー2018

ダカールラリー2018の出場台数は、全部門の合計は前大会よりも増加していますが、トラック部門は前大会の50台から44台へ12%減少しています。
(12月7日時点。今後、変更になる可能性がありますので、最新のエントリーリストは、主催者のウェブサイトをご確認ください。)
URL:
https://www.dakar.com/dakar/2018/us/rider/starters-bikes.html

この表は横にスクロールできます

名称2017年2018年増減前回比
二輪部門146142-497%
クワッド(バギー)部門375013135%
四輪部門739219126%
UTV(多用途四輪車)部門10133130%
トラック部門5044-688%
合計(台)31634125108%

トラックは車体が大きく、ドライバーの運転技術はもちろんのこと、整備にも高いスキルが求められるため、総合力の高いチームに絞り込まれていく傾向があります。四半世紀以上におよぶ連続完走記録を持つ日野チームも、今大会ではその実力がさらに試されることでしょう。

「日野チームスガワラ」 ダカールラリー2018参戦メンバー
「日野チームスガワラ」 ダカールラリー2018参戦メンバー

今大会の日野レンジャーのゼッケンNo.は1号車が「521」、2号車が「511」

ダカールラリーのゼッケンNo.は部門ごとに数字が割り振られ、前大会の順位をベースに小さい番号から割り当てられます。トラック部門は500番から始まり、今大会で日野レンジャーの1号車は「521」、2号車は「511」が割り当てられました。ラリー期間中に、主催者のウェブサイト( https://www.dakar.com/ )に掲載される最新順位や、GPSを利用した追跡システムを確認する際には、まず「511」「521」をチェックしてください!

サイト内検索