search Global

日野自動車、夜間における後続車有人システムの隊列走行公道実証に参加

商品・技術情報

2019年11月19日
No.19-049

 日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下義生、以下日野)は、20191119日から新東名高速道路において経済産業省および国土交通省が実施する夜間における後続車有人システムの隊列走行公道実証に参加します。

 本実証は、経済産業省と国土交通省が「未来投資戦略2018」に基づき、高速道路でのトラック隊列走行の実現を目指して20181月より行っている公道実証の一環です。
 今回は、大型車の交通量が増大かつ周辺車両から視認性が低下する夜間に実施することで、隊列走行の周辺を走行する一般車両への影響有無といった受容性について調査します。

 日野は、ドライバー不足をはじめとする物流業界の抱える課題解決に貢献すべく、技術開発をはじめさまざまな取り組みを行っています。隊列走行も有効な手段の一つであると考えており、社会インフラの整備状況や社会受容性なども鑑みながら、実現可能なものから段階的に実用化すべく技術開発を進めています。隊列走行の商業化には、技術開発のみならず、運用ルールを含めた社会インフラ整備、社会受容性の醸成、事業者のご理解・参画も重要です。日野は、関係機関と連携し隊列走行の商業化の実現を目指してまいります。

 日野は、「Challenge2025」において、「安全・環境技術を追求した最適商品の提供」「最高にカスタマイズされたトータルサポート」「新たな領域へのチャレンジ」の3つの方向性に注力しています。物流の効率化をはじめとする様々な社会課題の解決に貢献すべく、チャレンジを続けてまいります。

20181030日発表

実証車両.jpg

■ご参考
日野自動車、後続車有人システムの隊列走行公道実証に参加(20181017日発表)
https://www.hino.co.jp/corp/news/2018/20181017.html

HINO TOPICS

サイト内検索