search Global

日野自動車、サウジアラビアでトータルサポート体制を強化

経営

2019年10月2日
No. 19-043

― 現地企業と豊田通商の合弁会社と販売代理店契約を締結、2020年に拠点2か所をリニューアル ―

 日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下義生、以下日野)は、サウジアラビアにおいて、同市場参入以来のパートナーであるJamjoomグループと豊田通商が新たに設立した合弁会社Tsusho Jamjoom Trading Companyと正規販売代理店契約を締結しました。同社はJamjoomグループの拠点網を引き継ぎ、10月から本格的に営業を開始しました。

 長年にわたる日野車販売の実績を持つJamjoomグループと、自動車アフターサービス事業のノウハウを強みとする豊田通商とともに、サウジアラビアのお客様のパートナーとしてビジネスに貢献する体制をよりいっそう充実させてまいります。

 2020年には、ジッダ本社とダンマン支店のリニューアルを予定しています。サービス設備を一新するとともに、日本国内拠点でのノウハウを生かした構内レイアウトや車両動線の設計により、さらに高品質で高効率なサービスの提供を目指します。ジッダ本社については、よりお客様がアクセスしやすい良い立地に移転し、利便性の向上も図ります。

 日野は「Challenge2025」において、お客様と社会へ価値を提供していくための事業基盤強化の一環として、グローバル販売台数の拡大とお客様の稼働を支援する「トータルサポート」の強化を掲げています。サウジアラビアは中東地域の重要市場であると位置づけており、ニーズに合った最適商品の提供に加え、点検・整備といったアフターサービスをはじめ、安全・省燃費運転講習も含めたトータルサポート活動を推進しており、お客様からも高く評価をいただいています。今後、お客様の車両一台一台を最適な状態に保つ「最高にカスタマイズされたトータルサポート」に向けた取り組みを加速してまいります。

※2018年10月30日公表

 日野は、「もっと、はたらくトラック・バス」をスローガンに掲げ、その実現に向けて「安全・環境技術を追求した最適商品の提供」「最高にカスタマイズされたトータルサポート」「新たな領域へのチャレンジ」の3つの方向性に注力しています。お客様や社会に継続的に価値を提供していくために、チーム日野一丸となり常にチャレンジを続けてまいります。

ジッダ.jpg

ジッダ本社

ダンマン.jpg

ダンマン支店

<販売代理店概要>

社名

Tsusho Jamjoom Trading Company

(ツウショウ・ジャムジム・トレーディング・カンパニー)

所在地

サウジアラビア、ジッダ市
代表者 森 努 (豊田通商)
資本金 42百万サウジリアル (約12億円)
出資比率 豊田通商51%、ジャムジムグループ49%
事業内容 日野車の販売・サービス
販売車種 HINO700シリーズ、HINO500シリーズ、HINO300シリーズ
設立 2019年7
営業開始 2019年10
従業員数 150名(営業開始時)

HINO TOPICS

もっと、はたらくトラック・バス

サイト内検索