search Global

日野自動車、「ゼロエミッション東京」を目指す東京都の取組に協力

その他

2019年7月5日
No.19-030

 日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下義生、以下日野)は、CO2を排出しない持続可能な都市、「ゼロエミッション東京1」を目指す東京都の取組に賛同し、東京都キャップアンドトレード制度に基づくCO2削減クレジット13.3万トン(第1期、2010年度~2014年度累計分)を東京都に寄付しました。

 日野は将来の持続可能な社会の構築に貢献すべく、新たな長期目標として「日野環境チャレンジ2050」を2017年に策定し、さまざまな地球環境問題に対して、トラック・バス専業メーカーとして日野グループが成し遂げるべき目標として、新車CO2ゼロ、ライフサイクルCO2ゼロ、工場CO2ゼロなどを掲げ、その実現に向けた取組を各分野で続けております。今後とも、さらなるCO2削減にチャレンジし、燃費に代表される環境性能を極限まで高め、並行してトラックの物流効率化にも徹底的に取組んでいきます。

 日野は、事業と環境との調和を図り、豊かで住みよい世界と未来を50年先、100年先の世代に'つなぐ'ために、挑戦を続けていきます。

※1:東京都の取組に関する内容は、東京都環境局のホームページをご覧ください。
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/large_scale/mukouka/index.html
(地球環境・エネルギー>大規模事業所における対策>クレジットの無効化)
上記URLのページの「クレジット寄付によるゼロエミッション東京に関する取組」をクリックすると、取組内容がご覧いただけます。

HINO TOPICS

もっと、はたらくトラック・バス

サイト内検索