search Global

商用車初、日野ブルーリボンBD10型が「2018日本自動車殿堂 歴史遺産車」認定

その他

2018年11月15日

2018年11月15日、NPO法人日本自動車殿堂による2018日本自動車殿堂 歴史遺産車の表彰式典が東京都千代田区の学士会館で行われ、商用車で初めて日野ブルーリボンBD10型が歴史遺産車認定の表彰を受けました。

「歴史遺産車」とは、自動車産業そして自動車交通および、自動車文化の発展に貢献した歴史に残すべき自動車と定義づけられており、2018年は3台が選出されました。

このたび歴史遺産車に認定された日野ブルーリボンBD10型(1952年発売)は、エンジンをバスの中央床下に配置し、床面を全面座席として利用可能にした日本最初の「センターアンダー・フロアーエンジン」が高く評価され、商用車初の歴史遺産車認定となりました。また、当社関係者ではこれまでに3名が殿堂入りしていますが、歴史遺産車の認定は日野自動車として初めてのことです。

発売当時のブルーリボンBD10型の資料写真より

BD10型は前ドア車であり、中央ドア車をBD30型として発売しました。
当時、いくつかのバス・ボディ製造会社によって生産されています。

これまでの表彰歴

2010年殿堂入り 星子 勇 日野重工業(現日野自動車)元専務取締役
2011年殿堂入り 鈴木 孝 日野自動車株式会社 元副社長 工学博士
2017年殿堂入り 鈴木 孝幸 日野自動車株式会社 元副社長 工学博士

参考

特定非営利活動法人 日本自動車殿堂 ホームページ
http://www.jahfa.jp/

以上

HINO TOPICS

サイト内検索