search Global

日野自動車、「ドライバーステータスモニター」を取扱い開始

商品・技術情報

2018年5月15日
No.18-008

「モービルアイ」に続く、既販車への安全装備充実の第二弾

日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下 義生、以下日野)は、新車のみならず、既販車への安全装備も充実させています。その一環として、衝突防止補助システム「モービルアイ」(1月30日発表)に続く、後付安全補助装置の第二弾として、株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)が本日発売した、脇見・居眠り警報装置「ドライバーステータスモニター」を5月25日より全国の販売会社で取扱いを開始します。

日野は「交通事故死傷者ゼロ」を掲げ、業界に先駆けて安全性能の向上に努めており、PCS※(衝突被害軽減ブレーキ)はすでに大型・中型・小型トラックおよび大型観光バスに標準装備しています。さらに、より多くのお客様に日野車を安全・安心にお使いいただくため、既販車への安全装備充実に注力しており、今回の「ドライバーステータスモニター」の取扱い開始もその一環です。
「ドライバーステータスモニター」は、車室内のカメラで撮影したドライバーの顔の画像から、脇見、眠気、居眠り、不適切な運転姿勢などの運転状態を推定し、音声で警告する製品です。

※ PCS(Pre Crash Safety)。「PCS」はトヨタ自動車株式会社の登録商標です。

日野は、引き続き、先進技術の積極的な開発に努めるとともに、既販車への安全装備も充実させてまいります。お客様への安全運転講習のご提供も含め、車両のライフサイクルを通じて多様なニーズにきめ細かく対応する「トータルサポート」を一層強化し、より多くのお客様のビジネスを支えていきたいと考えています。

製品画像・動作イメージ

    • カメラで撮影した顔画像からドライバーの状態を推定
    • 脇見、眠気、居眠り、不適切な運転姿勢を判定し、音声で警告
    • 上記のドライバーの状況をSDカードに記録、別途PCにて確認可能

以上

HINO TOPICS

サイト内検索