search Global

日野自動車、第64回自動車技術会賞「技術開発賞」を受賞

商品・技術情報 その他

2014年5月21日

日野自動車株式会社(以下、日野)は、このたび中小型ディーゼル車用の排出ガス後処理システム「新DPR」の開発において、第64回自動車技術会賞「技術開発賞」(主催:公益社団法人自動車技術会)を受賞しました。

自動車技術会賞は「自動車工学及び自動車技術の向上発展を奨励すること」を目的として設けられた賞で、「技術開発賞」は自動車技術の発展に役立つ新製品または新技術を開発した開発者を表彰するものです。

平成22年(ポスト新長期)排出ガス規制に適合した「日野レンジャー」、「日野デュトロ」など日野の中小型車に搭載されている「尿素水を必要としないNOx、PM同時低減システム」である「新DPR」は、車両走行用の燃料である軽油を用いてNOxを低減し、PMはフィルターによって捕集することでNOxとPMを同時に低減させます。
「尿素SCR+PM捕集フィルター」のシステムに対し、尿素水を使用しないため、尿素水にかかわる費用が不要で、補給の手間もない等高い経済性、利便性を実現しています。また尿素水タンクやSCR触媒等も不要なためコンパクトで軽量なシステムとなっており、スペースや重量で制約の多い中小型ディーゼル車でも広汎な架装に対応することが可能で、お客様から高い評価を得ています。

今回受賞の対象となった「新DPR」は、現在パシフィコ横浜で開催中の「自動車技術展・人とくるまのテクノロジー展2014」の日野自動車ブースにて展示しております。

なお、同賞の表彰式は、5月22日(木)午後2時より、パシフィコ横浜 会議センターにて行われます。

受賞概要

受賞対象:「尿素水を必要としないNOx、PM同時低減システム」
開発担当者:
細谷 満

HINO TOPICS

サイト内検索