search Global

「ダカールラリー2019」 走行距離と出場台数が決定。菅原照仁ドライバーの戦略とは?

2018年12月25日
No. PD19-11

いよいよ開催が近づいてきたダカールラリー2019の、各ステージの走行距離と出場台数が主催者から発表されました。トラック部門の走行距離の合計は5,598km、そのうちSS(競技区間)の合計は2,954kmです。前大会と比較すると今大会の走行距離・SSは短くなりますが、菅原義正ドライバーをはじめ、リタイヤするチームが続出したピスコの砂漠が、今大会ではステージ随所に出現。熾烈な戦いが繰り広げられることが予想されます。

MAP.jpg

今大会に向けて菅原照仁ドライバーよりコメントをいただきました。

菅原照仁ドライバー:ステージ4はマラソンステージとなり、メカニックのいるビバークに戻れないため、サポートを受けられません。何かあればナビゲーターと力を合わせて対応することになります。ここでのトラブルは致命傷になりかねませんが、リスクを避けてペースを抑え過ぎてしまうと、タイム差に開きが出てしまうため注意が必要です。

また、今大会に向けてメカニックを増員したことにより、予防整備の強化ができるようになりました。その日のステージを終えた後に、負荷がかかってしまっている部分をチェックして、壊れる前に部品を交換してくれるだけで、次の日のステージで攻撃的に攻めることができます。

■ダカールラリー2019走行距離

日付

ステージ

スタート

ゴール

走行

距離

SS

1月 7日(月)

ステージ1 リマ(ペルー) ピスコ 331 84
1月 8日(火) ステージ2 ピスコ

サン・ファン・

デ・マルコナ
553 342

1月 9日(水)

ステージ3

サン・ファン・

デ・マルコナ

アレキパ

798

331

1月10日(木)

ステージ4
(マラソン)

アレキパ

モケグア
(二輪、クワッド)
タクナ
(四輪、UTV、トラック)

664

351

1月11日(金)

ステージ5
(マラソン)

モケグア
(二輪、クワッド)
タクナ
(四輪、UTV、トラック)

アレキパ

714

450

1月12日(土)

休息日

アレキパ

-

-

1月13日(日)

ステージ6

アレキパ

サン・ファン・

デ・マルコナ

810

290

1月14日(月)

ステージ7

サン・ファン・

・マルコナ

サン・ファン・

デ・マルコナ

387

323

1月15日(火)

ステージ8

サン・ファン・

デ・マルコナ

ピスコ

575

360

1月16日(水)

ステージ9

ピスコ

ピスコ

407

311

1月17日(木)

ステージ10

ピスコ

リマ(ペルー)

359

112

合計(km)

5,598

2,954

今大会は、70%を砂漠が占め、1011日はマラソンステージが待ち構えています。

コースの詳細は、主催者のウェブサイトをご参照ください。 http://www.dakar.com/en

■ダカールラリー2019出場台数

名称

2018年

2019年

増減

前回比

二輪部門

142

138

-4

97%

クワッド(バギー)部門

50

29

-21

58%

四輪部門

92

96

4

104%

UTV(多用途四輪車)部門

13

30

17

230%

トラック部門

44

41

-3

93%

合計(台)

341

334

-7

98%

今大会の日野レンジャーのゼッケンNo.は1号車が「517」、2号車が「510」  

ダカールラリーのゼッケンNo.は部門ごとに数字が割り振られ、前大会の順位をベースに小さい番号から割り当てられます。トラック部門は500番から始まり、今大会で日野レンジャーの1号車は「517」、2号車は「510」が割り当てられました。ラリー期間中に、主催者のウェブサイト( http://www.dakar.com/en)に掲載される最新順位や、GPSを利用した追跡システム(予定)を確認する際には、まず「517」「510」をチェックしてください!

皆様の応援、よろしくお願いします!

・日野チームスガワラFacebook(https://www.facebook.com/HINO.Team.Sugawara

サイト内検索