安全性能

快適な移動を支える。
磨き抜かれた安全性能こそ目に見えない最高のホスピタリティ。

CAPS
キャップス
アクシデントを未然に防ぐアクティブセーフティ、万一の際のパッシブセーフティ、この両面から安全を考えたのが、日野自動車のトータルセーフティ思想、CAPS(キャップス)。さらに、事故の原因となる疲労の低減にも配慮し、トータルで安全な走行をサポートします。

日野自動車安全性能マップ

日野セレガの安全性能

NEW衝突の危険があるとき
衝突回避を支援する機能を搭載して、先進のシステムがいっそう進化※1
PCS※2(プリクラッシュセーフティ)[衝突被害軽減ブレーキシステム]

衝突時の速度を抑え、衝突被害の軽減に寄与するPCSに新しく衝突回避を支援する機能を搭載しました。走行中、ミリ波レーダーが低速で走行する先行車を検知・分析。追突の恐れがあると早いタイミングでフル制動し、衝突回避のサポートを行います。また、「ドライバーモニター」を新採用するなどPCS機能と連携する警報システムの強化も図りました。

〈 PCS進化のポイント 〉

【衝突被害軽減機能】

  • 追突の恐れがあると警報やブレーキ作動で注意。危険が高まるとより強力に制動。
  • 衝突後も制動を継続し被害を軽減。
  • ストップランプ、ハザードランプの点滅で2次被害防止を支援。

【衝突回避支援機能】

  • 前方の低速走行の先行車を検知し、追突の恐れがあると警報やブレーキ作動で 注意。より危険が高まると早いタイミングで強いブレーキが作動。

【警報システムなどとの連携】

  • ドライバーの顔をとらえ前方不注意状態へ警報を出す「ドライバーモニター」を搭載。
  • 「 車両ふらつき警報」や「スキャニングクルーズU」も標準装備。
  • 正面衝突防止に貢献する対向車検知機能を搭載。

【その他】

  • 乗客への配慮として、障害物検出性能の向上による不要な警報音を削減。

PCS(プリクラッシュセーフティ)

  • ※1 新システムは2014年11月から適用される「衝突被害軽減ブレーキの新基準」に適合しています。
  • ※2 “PCS”“VSC”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
  • *PCSはドライバーの安全運転を支援するシステムです。完全に衝突を回避するものではありません。

NEW前方への注意力が低下したとき
車線からの逸脱を高精度に検知し、警告。
車線逸脱警報※3を新搭載

車線からの逸脱を画像センサーがとらえ、警報によってドライバーの注意を喚起するシステム。高解像度の画像センサーによって、白線の高い認識精度を実現。ドライバーの注意力低下による事故防止に貢献します。

  • ※3 2015年8月から適用される「車線逸脱警報装置(LDWS)の保安基準」に適合しています。
  • *走行状態によっては作動しない場合があります。
車線逸脱警報

NEW前方への注意力が低下したとき
ドライバーの状態をカメラで検出し、危険回避へ。
ドライバーモニター新採用

走行中のドライバーの顔の方向や眼の状態をモニターカメラが常時確認。前方注意力不足の検出時には警報音で警告します。さらに衝突の可能性が高まるとPCSが早期に作動。高精度のカメラは、太陽光やサングラス着用の影響下でも正確にドライバーの顔を検出します。

*ドライバーモニターはドライバーの状況によっては作動しない場合があります。

ドライバーモニター

※この製品には、OSS(Open Source Software)を利用したソフトウェアが搭載されています。OSSライセンスに従い、以下のウェブサイトでは、製品販売後少なくとも3年間は、それらのソフトウェアのライセンス情報を提供します。
>HINO Open Source Software Websiteはこちら

クルマの挙動にヒヤリとしたとき
雪路などの滑りやすい路面での危険回避操作をサポート。
VSC※2[車両安定制御システム] VSC=Vehicle Stability Control

カーブでの車線のはみ出しや横転などを抑制するため、警報音やエンジンの出力制御、ブレーキ作動により、ドライバーの危険回避操作をサポートします。

VSC[車両安定制御システム]

  • ※2 “PCS”“VSC”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
  • *VSCはドライバーの安全運転を支援するシステムです。車両の横転、スピン等を完全に防止するものではありません。

前方への注意力が低下したとき
不安定な運転を警告。
車両ふらつき警報

ハンドル操作のふらつき具合の増大を検知すると警報を出し、ドライバーの注意を喚起します。警報が続くとPCSの作動を早めます。

*走行状態によっては作動しない場合があります。

車両ふらつき警報

衝突したとき
万一の際のダメージを低減。
日野セレガの入念なパッシブセーフティ

衝突時の被害を軽減するため、乗務員、お客様双方への配慮を徹底。運転席まわりの入念な安全対策のほか、客席最前列にはELR付3点式シートベルト(2列目以降はELR付2点式)を装備。掛け間違いを防止するため、窓側と通路側でベルトを色分けするなど細部にまで安全性を追求しました。

パッシブセーフティ

  • 客席および運転席は「シートおよびシートベルトに関する保安基準の改正」に適合しています。
  • *SRSエアバッグは、シートベルトを補助する乗員保護装置です。安全のためには正しい姿勢で正しくシートベルトを着用することが前提となります。エアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合、追突された時、横転時などの条件下では作動しません。

このページのトップへ