運転環境

ドライバーのゆとりは、お客様の安心。

写真はスーパーハイデッカ(撮影用特別仕様車)

的確な運転情報の提供、人間工学に裏付けられた操作性。ここには、ドライバーのゆとりを生む理想の運転環境が実現しています。

さまざまな機能で長時間運転をバックアップ。 ハイファンクションシート

ホールド性とクッション性の双方を追求した高機能なドライバーズシート。ドライバーの体形に合わせたきめ細かな設定が簡単操作で可能です。

  • ❶リクライニングレバー
  • ❷ハイトレバー(リヤ)
  • ❸ハイトレバー(フロント)
  • ❹ランバーサポート
  • ❺スライドレバー
  • ❻サスペンションロック

ユニバーサルデザインを採用し、視認性が向上。 コンビネーションメーター

ユニバーサルデザインを取り入れ、速度計、エンジン回転計をそれぞれ大径化するとともに、メーター内の文字を拡大。また、マルチインフォメーションをクラス最大級の7インチに大型化。運転のストレスを軽減し、ドライバーが見やすいメーターを目指しました。

※写真は機能説明のために各ランプを点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。■画面はハメ込み合成です。

様々な情報を提供し、状況に応じた最適な運転をサポート。 マルチインフォメーション

ステアリングスイッチ
ステアリングスイッチ

故障、警報の表示をはじめ、安全運転やエコ運転の支援など豊富な情報を、7インチ大型ディスプレイで伝達。ドライバーの安心につなげています。また、ステアリングスイッチの採用により、ステアリングから手を離さずに、マルチインフォメーション操作が可能になりました。

警報音などを客席に届きにくくするために。 警報専用スピーカー

運転席右側に、指向性のある警報専用スピーカーを設定。ウインカー作動音、FFシフトの警報音、安全装置の警報などお客様に不必要な音が客席に届きにくくなるよう配慮しました。