安全性能

磨き抜かれた安全性能が支える最高のホスピタリティ。

写真はロングボデー(12m車)、ハイデッカ(撮影用特別仕様車)■写真は合成です。

大型バスとしての使命、それはお客様をより大きな安心とともにお迎えすること。日野セレガは事故を未然に防止する、PCS(プリクラッシュセーフティシステム)を進化。距離認識に強いミリ波レーダーに加え、形状認識に強い画像センサーを装備しました。また、万一の場合の被害を最小化するため、細部まで安全性を追求し、乗る人すべての安心感を高めています。

危険な状況の察知から、早めの警告、万一の被害軽減まで。 日野ならではの全方位からの追求が、安全への信頼をより高めます。

日野セレガに搭載された最先端の衝突被害軽減ブレーキシステムPCSが、停止車両や静止歩行者の検知も可能になりました。また、「ドライバーモニター」「車線逸脱警報」など前方不注意を警告する各種装置の充実を図るとともに、パッシブセーフティやドライバー教育に至るまで徹底して対策を実施。観光に、ビジネスに、乗る人すべての安心・快適な移動を支えるバスだから、日野は安全のあらゆるフィールドで細心かつ真摯なセーフティの追求を行っています。

■日野自動車安全性能マップ
日野自動車安全性能マップ
CAPS
キャップス
アクシデントを未然に防ぐアクティブセーフティ、万一の際のパッシブセーフティ、この両面から安全を考えたのが、日野自動車のトータルセーフティ思想、CAPS(キャップス)。さらに、事故の原因となる疲労の低減にも配慮し、トータルで安全な走行をサポートします。
セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)
「サポカー」とは国が定めた交通事故対策の一環として、先進安全技術を搭載した車です。
日野セレガは自動ブレーキを標準装備しており、「サポカー」の基準を満たしています。

*全てのシステム・装備は安全運転を支援、サポートするための装置です。必ずしも事故を防止するものではありません。

停止車両や歩行者まで検知し、衝突回避を支援。 PCS※1(プリクラッシュセーフティシステム 歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)

衝突時の速度を抑え、衝突被害の軽減に寄与するPCSが、ミリ波レーダー+画像センサーにより、停止車両に加え、歩行者の検知も可能になりました。国内大型バス初※2の技術で、バスの衝突・追突事故の抑制に貢献します。

PCS(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)作動イメージ
PCS警報をディスプレイで表示
PCS警報をディスプレイで表示

■PCSは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約12~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態などによっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

  • ※1:“PCS”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
  • ※2:2017年5月時点。自社調べ。
  • *PCSの認識性能・制御性能には限界があります。道路状況、天候状態などによってはシステムが作動しない、衝突以外で作動する、または作動が遅れる場合があります。
  • *ミリ波レーダーは、動物、立木など金属以外のものは検知できません。また、自転車、オートバイなどは金属製でも障害物として検知できないことがあります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。

車間距離を自動制御し、運転の負担軽減に貢献。 スキャニングクルーズⅡ

ステアリングスイッチで各種設定を簡単に行えます。
ステアリングスイッチで各種設定を簡単に行えます。

ミリ波レーダーで先行車を検出し、適切な車間距離を自動的に維持。ドライバーのアクセルやブレーキの操作が減るため、疲労の軽減に寄与します。車間距離が急激に短くなると、警告を発し、衝突の可能性がある場合はPCSを作動させます。

  • *スキャニングクルーズⅡは、時速約30km/h以下でキャンセルになります。
  • *道路状況、天候状態によっては作動しない、または作動が遅れる場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
  • *詳しくは、取扱説明書をご覧ください。
スキャニングクルーズⅡ

走行車線から車両がはみ出すと、警報で注意を喚起。 車線逸脱警報

走行車線からの逸脱を画像センサーがとらえ、警報によってドライバーに注意を喚起。接触事故などの未然防止に貢献します。

作動条件(装着法規要件の新基準に適合)
時速約60km/h超・曲線約R250m以上で作動。
タイヤ外側逸脱量約0.3mを超える手前で警報。
  • *道路状況、車両状態、天候状態によっては作動しない場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
  • *詳しくは、取扱説明書をご覧ください。
画像センサー
画像センサー
車線逸脱警報

わき見や目蓋の状態を検知し、警報で注意を喚起。 ドライバーモニター

モニターカメラがドライバーの運転状態を確認
モニターカメラがドライバーの運転状態を確認

時速約60km/h以上で走行時、ドライバーの前方不注意による事故を防止するため、ドライバーの顔向きや目蓋の開閉状態などをモニターカメラで常時確認。前方への注意不足を検知すると警報を発し、衝突の可能性がある場合はPCSを早期に作動させます。

ドライバーモニターカメラ
■条件によっては、運転者の顔の向き・眼の開閉についてドライバーモニターが正常に判定できず、警報機能が正常に作動しないことがあります。
ドライバーモニター

車両のふらつきを検出し、警報で注意を喚起。 車両ふらつき警報

時速約60km/h以上で走行時、操舵角センサーがハンドル操作のふらつき具合の増大を検知すると警報を発し、ドライバーに休息を促します。警報が続くと、PCSの作動を早めます。

  • *道路状況、車両状態、天候状態によっては作動しない場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
  • *詳しくは、取扱説明書をご覧ください。
〈イメージ図〉
車両ふらつき警報/イメージ図
車両ふらつき警報

滑りやすい路面やカーブでの事故の抑制に貢献。 VSC※3(車両安定制御システム)

カーブでの車線からのはみ出し(ドリフトアウト)や横転、滑りやすい路面でのスリップやスピンなどの抑制に寄与するため、警報音、エンジン出力制御、ブレーキングにより、ドライバーの危険回避操作をサポート。精神的、肉体的な負担の軽減に貢献します。

※3:“VSC”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。

*車両の速度がVSCの制御の限界を超えているとき、また道路状況、天候状態などによってはVSCが作動しなかったり、作動してもその効果が十分に得られない場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。

〈VSC装着車と非装着車の比較╱イメージ図〉
VSC装着車と非装着車の比較╱イメージ図
VSC

万一の際のダメージを軽減。 日野セレガの徹底したパッシブセーフティ

衝突時の被害を軽減するため、乗務員、お客様双方への配慮を徹底。運転席まわりの入念な安全対策のほか、客席最前列にはELR付3点式シートベルト(2列目以降はELR2点式)を装備。掛け間違いを防止するため、窓側と通路側でベルトを色分けするなど細部にまで安全性を追求しました。

客席および運転席は「シートおよびシートベルトに関する保安基準の改正」に適合しています。

*SRSエアバッグは、シートベルトを補助する乗員保護装置です。安全のためには正しい姿勢で正しくシートベルトを着用することが前提となります。エアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合、追突された時、横転時などの条件下では作動しない場合があります。

ELR付3点式シートベルト(運転席&ガイド席)(運転席はプリテンショナー機構付)
ELR付3点式シートベルト(運転席&ガイド席)(運転席はプリテンショナー機構付)
ELR付3点式シートベルト(客席最前列)
ELR付3点式シートベルト(客席最前列)
  • 運転席SRSエアバッグ
    運転席SRSエアバッグ

    ■写真は合成です。機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。

  • 万一の衝突時、乗務員のための生存空間確保に貢献する高強度ボデー
    万一の衝突時、乗務員のための生存空間確保に貢献する高強度ボデー(写真は衝突実験)

<PCS>●PCSの認識性能・制御性能には限界があります。道路状況、気象条件などによってはシステムが作動しない、衝突以外で作動する、または作動が遅れる場合があります。●ミリ波レーダーは動物、立木など金属製以外のものは検知できません。また、自転車、オートバイなどは金属製でも障害物として検知できないことがあります。<VSC>●VSCはあらゆる状況において、車両の横転やスピン等を完全に防止するものではありません。運転時は、常に法定速度を守り、周囲の状況に応じた安全運転を心がけてください。また、次のような状況ではVSCが作動しなかったり、作動してもその効果が十分に得られない場合があります。■車両の速度がVSCの制御の限界を超えている時。■非常に滑りやすい凍結した路面を走行している場合。■横風・脱輪・パンクなど、危険要因が生じた場合。<車線逸脱警報>●画像センサーは走行状態や外部の環境および車両状態によっては作動しない場合があります。

SRSエアバッグは、シートベルトを補助する乗員保護補助装置です。安全のためには正しい姿勢で正しくシートベルトを着用することが前提となります。エアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合、追突された時、横転時などの条件下および架装物によっては作動しない場合があります。その他お守りいただきたい項目がありますので、車両の取扱説明書を必ずご覧ください。