ダカールラリー

ヒストリーイメージ

ヒストリー

初参戦以来26回連続完走、1997年にはトラック部門史上初制覇。

日野自動車は、1991年に日本のトラックメーカーとして初めてダカールラリーに参戦。最低完走率が20.5%を記録したこともある「世界一過酷なラリー」で、初参戦以来2017年まで26回連続完走を果たしている。

1994年にはトラック部門で総合2位を獲得し、翌1995年も2位の座を手にした。1997年には、トラック部門総合では史上初となる1・2・3位を独占するという快挙を成し遂げ、世界中を驚かせた。その後も総合2位を3回獲得するなど、トラック部門のトップクラスのチームとして活躍を続けている。1996年~2002年に創設された同部門の「排気量10リットル未満クラス」でも7連覇を果たし、その後2年間は同クラスが廃止されたが、2005年大会で再び創設され優勝を果たした。2007年にもクラス優勝し、2010年~2017年にかけてはクラス8連覇の栄冠を手にしている。

日野のダカールラリー戦歴

大会
年度
写真 出場回数 コース 総走行距離(km) 出場車両
成績(トラック部門総合/排気量10リットル未満クラス)
2017 26 アスンシオン(パラグアイ)~ラパス(ボリビア)~ブエノスアイレス(アルゼンチン) 8,123 日野レンジャー
1号車:総合29位/2位
2号車:総合8位/優勝
2016 25 ブエノスアイレス(アルゼンチン)~ウユニ(ボリビア)~ロサリオ(アルゼンチン) 9,039 日野レンジャー
1号車:総合31位/2位
2号車:総合13位/優勝
2015 24 ブエノスアイレス(アルゼンチン)~イキケ(チリ)~ブエノスアイレス(アルゼンチン) 8,159 日野レンジャー
1号車:総合32位/2位
2号車:総合16位/優勝
2014 23 ロサリオ(アルゼンチン)~サルタ(アルゼンチン)~バルパライソ(チリ) 9,209 日野レンジャー
1号車:総合32位/2位
2号車:総合12位/優勝
2013 22 リマ(ペルー)~トゥクマン(アルゼンチン)~サンティアゴ(チリ) 7,901 日野レンジャー
1号車:総合31位/4位
2号車:総合19位/優勝
2012 21 マルデルプラタ(アルゼンチン)~コピアポ(チリ)~リマ(ペルー) 8,836 日野レンジャー
1号車:24位/3位
2号車:9位/優勝
2011 20 ブエノスアイレス~アリカ(チリ)~ブエノスアイレス 9,458 日野レンジャー
1号車:13位/2位
2号車:9位/優勝
2010 19 ブエノスアイレス~アントファガスタ(チリ)~ブエノスアイレス 9,026 日野レンジャー
2号車:7位/優勝
1号車:規定により失格
2009 18 ブエノスアイレス~バルパライソ(チリ)~ブエノスアイレス 9,579 日野レンジャー
14位・26位/2位・6位
2008   大会中止  
2007 17 リスボン~ダカール 7,915 日野レンジャー
9位・13位/優勝(優勝車のみ表彰)
2006 16 リスボン~ダカール 9,043 日野レンジャー
5位・7位/クラス別なし
2005 15 バルセロナ~ダカール 8,956 日野レンジャー
2位・6位/優勝(優勝車のみ表彰)
2004 14 クレルモンフェラン~ダカール 10,411 日野レンジャー
5位/クラス別なし
2003 13 マルセイユ~シャルムエルシャイク 8,602 日野レンジャー
5位/クラス別なし
2002 12 アラス~マドリッド~ダカール 9,440 日野レンジャー
3位/優勝(クラス優勝7連覇)
2001 11 パリ~ダカール 10,873 日野レンジャー
2位/ 優勝
2000 10 パリ~ダカール~カイロ 7,880 日野レンジャー
5位/ 優勝
1999 9 グラナダ~ダカール 9,441 日野レンジャー
4位/ 優勝
1998 8 パリ~グラナダ~ダカール 10,570 日野レンジャー
2位/ 優勝
1997 7 ダカール~アガデス~ダカール 8,051 日野レンジャー
優勝・2位・3位/ 優勝・2位・3位(トラック部門史上初制覇)
1996 6 グラナダ~ダカール 7,579 日野レンジャー
6位・11位/ 優勝・2位
1995 5 グラナダ~ダカール 10,067 日野レンジャー
2位/クラス別なし
1994 4 パリ~ダカール 13,398 日野レンジャー
2位/クラス別なし
1993 3 パリ~ダカール 8,877 日野レンジャー
6位/クラス別なし
1992 2 パリ~シルト~ケープタウン 13,015 日野レンジャー
4位・5位・6位・10位/クラス別なし
1991 1 パリ~トリポリ~ダカール 9,186 日野レンジャー
7位・10位・14位/クラス別なし (日本のトラックメーカーとして初参戦)