メンテナンス

整備の質を損なわずに、整備費を抑えることは可能です。

■写真はオプション装着車。写真は合成です。

フロントリッド内レイアウト レイアウトを見直し、整備性が向上。

■写真はオプション装着車。

フロントリッド開口部にウォッシャタンクを配置。ウォッシャタンクの清掃を始め、点検整備がやりやすいレイアウトです。

燃料タンク 燃料の盗難防止を、より効果的に。

燃料の盗難防止対策として、キー付キャップを採用。キーは、エンジンキーと同一です。キャップの施錠をしないと抜けないため、閉め忘れ防止にもなります。

ウォッシャタンク ウォッシャ液の補充作業がしやすく、整備性が向上。

大型注入口の採用により、ウォッシャ液が注入しやすくなりました。また、タンクの設置を最適化し、ウォッシャ液の残量が確認しやすくなっています。

電気式ダストインジケータ エレメントの清掃、交換時期がメーターで確認可能に。

エレメントの清掃、交換時期をメーター内に表示します。運転席で手軽に確認でき、的確なエレメント管理が行えます。

HINO CONNECT

ネットワークでつなぎ、より安心・安全、経済的に。

お客様の車両と日野が通信することで、稼動サポートのための各種サービス/コンテンツをご提供することが可能になります。

お客様と日野をつなぐ新たなコミュニケーションツール。

各種お客様向け通知機能やWeb閲覧機能で安全・省燃費運転、車両のアップタイム最大化をサポートします。

  1. 安全装置(PCS・ドライバーモニター)が作動した場合、それを検知し、日野からお客様へ直接メールでご連絡
  2. 車両の燃費情報を1ヶ月毎のレポート(エコツリーレポート)としてお客様専用Web サイトより出力可能
  3. 緊急時や車両に異常が発生した際には、お客様専用Webサイト上で車両の現在位置を確認可能