• トップメッセージ
  • ニュースリリース&お知らせ
  • 会社概要
  • 役員紹介
  • 基本理念
  • 日野行動指針
  • シンボルマーク
  • HINOエンブレム
  • 沿革
  • 国内拠点
  • 海外拠点
  • 日野グループ・サプライヤ
  • 日野とトヨタグループ
  • 企業スポーツ活動

企業情報

沿革

設立までの経緯

1910年(明治43年)
東京瓦斯工業株式会社(当社の前身)設立
1913年(大正2年)
東京瓦斯電気工業株式会社と改称
1918年(大正7年)
我が国初の自動車生産を開始
1937年(昭和12年)
同社自動車部は自動車工業株式会社および共同国産自動車株式会社と合併し
東京自動車工業株式会社を設立
1941年(昭和16年)
ヂーゼル自動車工業株式会社と改称
TGE truck

設立以後の沿革

1942年(昭和17年)
同社の日野製造所は独立して日野重工業株式会社となり、軍用装軌車を生産開始
1946年(昭和21年)
民需転換を受け、大型ディーゼルトラック・バス(トレーラー型)およびディーゼルエンジンを生産開始
日野産業株式会社に改称
T trailerTH truck
1948年(昭和23年)
日野ヂーゼル販売株式会社を設立(販売部門を独立)日野ヂーゼル工業株式会社と改称
1949年(昭和24年)
東京証券取引所へ株式上場
1950年(昭和25年)
大型ディーゼルトラック・バス(単車型)を生産開始
我が国初のトロリー・バスを発売
1953年(昭和28年)
仏・ルノー公団との技術提携による乗用車「ルノー」を生産開始し、
日野ルノー販売株式会社を設立、「ルノー」を発売
我が国初のセンターアンダフロアエンジン・バスを発売
RenaultBlue Ribon Bus
1959年(昭和34年)
日野ヂーゼル販売株式会社は、日野ルノー販売株式会社を合併し日野自動車販売株式会社と改称
日野ヂーゼル工業株式会社は、日野自動車工業株式会社と改称
1961年(昭和36年)
自社開発の乗用車「日野コンテッサ900」を発売
Hino CONTESSA 900
1962年(昭和37年)
初の海外販売会社をタイに設立(現タイ日野販売)
1963年(昭和38年)
羽村工場(東京都)稼動開始
1964年(昭和39年)
我が国初の3.5トン積中型トラック「日野レンジャーKM」を発売
初の海外製造会社をタイに設立(現タイ日野製造)
Ranger KM
1966年(昭和41年)
日野自動車工業株式会社並びに日野自動車販売株式会社はトヨタ自動車工業株式会社並びに
トヨタ自動車販売株式会社(両社は1982年7月1日合併、現トヨタ自動車株式会社)と業務提携
1968年(昭和43年)
羽村工場構内に小型車専門工場完成(トヨタ・ハイラックス製造)
1971年(昭和46年)
日野自動車工業株式会社、デミング賞実施賞を受賞
1977年(昭和52年)
我が国初のスケルトンバスを発売
RS touring coach
1980年(昭和55年)
新田工場(群馬県)稼働開始
中型トラックをフルモデルチェンジ、「風のレンジャー」シリーズを発売
1981年(昭和56年)
大型トラックをフルモデルチェンジ、「スーパードルフィン」シリーズを発売
Super Dolphin
1985年(昭和60年)
御前山テストコース(茨城県)稼働開始
1986年(昭和61年)
日高配車センターを開設
1988年(昭和63年)
「レンジャー」シリーズ国内販売台数50万台達成
1990年(平成2年)
大型観光バスをフルモデルチェンジ、「セレガ」シリーズを発売
1991年(平成3年)
世界初のディーゼル・電気ハイブリッド低公害システム「HIMR(ハイエムアール)」バスを発表
パリ・ダカールラリーに初出場(トラック部門)
HIMR
1992年(平成4年)
大型トラックをフルモデルチェンジ、「スーパードルフィン プロフィア」シリーズを発売
1994年(平成6年)
新シンボルマーク制定
1995年(平成7年)
小型バスをフルモデルチェンジ、「リエッセ」シリーズ発売
1996年(平成8年)
日野自動車21世紀センターを開設
(翌年、同センター内に日野オートプラザを開設)
1999年(平成11年)
トヨタ自動車株式会社との共同開発による新小型トラック「デュトロ」を製造・発売
日野自動車工業株式会社並びに日野自動車販売株式会社は合併し日野自動車株式会社と改称
RANGER PRO
2001年(平成13年)
第三者割当増資により、トヨタ自動車株式会社の子会社化
2003年(平成15年)
平成17年(新長期)排出ガス規制適合可能レベルの小型トラック・ハイブリッド車を発売
DUTRO
2004年(平成16年)
平成15年(新短期)排出ガス規制に適合した、中型トラック「日野レンジャーハイブリッド」を発表
2005年(平成17年)
ノンステップ大型路線ハイブリッドバス「日野ブルーリボンシティハイブリッド」を発表
平成17年(新長期)排出ガス規制に適合した、中型トラック「日野レンジャー」を発表
大型観光バスをフルモデルチェンジし、平成17年(新長期)排出ガス規制に適合した「日野セレガ」を発表
平成17年(新長期)排出ガス規制に適合した、大型トラック「日野プロフィア」を発表
お客様テクニカルセンターを開設
HINO Blue Ribbon City Hybrid HINO SELEGA
2006年(平成18年)
カナダで北米専用トラックの現地組み立てを開始(カナダ日野)
オーストラリアで初の小型トラックハイブリッドを販売開始
2007年(平成19年)
海外販売台数が国内販売台数を初めて上回る
累計輸出台数100万台を達成
アメリカ ウェストバージニア工場稼動開始(米国日野製造)
2008年(平成20年)
コロンビア工場 稼動開始(日野コロンビア製造)
販売会社を設立し、ロシア市場に新規参入(日野ロシア)
大型観光バス「日野セレガハイブリッド」をフルモデルチェンジ
2009年(平成21年)
インドネシアで、小型トラック(日野デュトロ及びトヨタダイナ)の生産を追加(インドネシア日野製造)
メキシコ工場、生産開始(メキシコ日野製造)
中国の合弁会社「広汽日野」、生産開始
日野トラック・バス生産台数、累計300万台を達成
2010年(平成22年)
トヨタ、日野、東京都心~羽田空港間での燃料電池ハイブリッドバスの営業運行に車両提供
香港で初の小型トラックハイブリッドを販売開始
2011年(平成23年)
小型トラック「日野デュトロ」をフルモデルチェンジ
日野デュトロ
2012年(平成24年)
古河工場(茨城県)のノックダウン工場の稼動を開始
「日野ポンチョ 電気バス」実証運行開始
2013年(平成25年)
小型EVトラック実証運行開始
日野ハイブリッドトラック・バスの累計販売台数1万台突破
2014年(平成26年)
お客様テクニカルセンターでの運転講習会受講者が5万人を突破
2015年(平成27年)
モジュール化新商品をインドネシア、タイに導入
2016年(平成28年)
国内大中型トラック(普通トラック)販売シェア43年連続No.1達成(2015年度)
ハイブリッド車(HIMRバス)発売25周年