HINO

HINO

image

TOP MESSAGETOP MESSAGE

大いなるチャレンジを、

皆さんとともに。

大いなる

チャレンジを、

皆さんとともに。

image
imageimage
代表取締役社長
最高経営責任者
下 義生
MESSAGE

社会の課題を解決する

自動車メーカーへ

自動車業界は今、100年に一度と言われる大変革期を迎えています。環境問題やドライバー不足、重大交通事故など、さまざまな課題が顕在化しており、社会が直面する問題も複雑化しています。
自動車メーカーにはこうした課題に立ち向かうというミッションが課せられていますが、私たち日野自動車では技術(シーズ)先行で生まれた製品を提供するのではなく、自ら社会の課題を見つけ出し、そのソリューションを提供するために製品を生み出すという方向へ大きく転換しようとしています。そのために必要であれば、競合メーカーや海外企業等とのアライアンスも積極的に推進し、社会の課題解決に先陣を切って取り組んでいく決意です。
そうした想いのもと、日野自動車が宣言したのが「安全・環境技術を追求した最適商品」「最高にカスタマイズされたトータルサポート」「新たな領域へのチャレンジ」の3つの方向性での価値提供を目指す「Challenge2025」です。行動の起点となる視点は常に社会の中に置き、客観的な発想と姿勢で社会的課題に手を打てる、そんな会社になりたいと考えています。

image

既存の枠組みにとらわれず、

新しい領域へのチャレンジを

社会課題を解決するためには、メーカーという枠を超えたチャレンジが必要です。皆さんには従来にない自由で主体的な発想と行動を期待しており、日野自動車にはチャレンジを促し、若い人財のポテンシャルを引き出すオープンでフラットな組織風土があります。若い人財の未知の可能性を引き出し、すべての人財が自分のミッションの中において主人公になれる、そんな環境づくりに今後も一層力を入れていきます。
さらには社外の多様な人財と力を合わせてトラック・バスの開発・販売に取り組んでいけるような仕組みも構築したいと考えています。ぜひ既存の枠組みにとらわれず、自ら手を挙げて新しい領域に飛び込んでくださる方に参加していただきたいと思います。
商用車は社会の課題を解決するためにあります。会社というのは社会と自分とを結ぶ“媒体”ですから、皆さんにも日野自動車という会社を通じて社会に貢献するという意識を大切にしていただきたいと考えています。そのような志をぶれることなく抱き続け、チャレンジしていただける皆さんの入社をお待ちしています。

image