search Global

現在開発中のシステム

高度な自動運転支援技術を実現するために、現在開発中のシステムをご紹介します。

高速道路における渋滞時の軽微衝突事故対策 ・ ドライバー負荷軽減に貢献

全車速 車間距離維持支援システム:全車速ACC(Full Speed Range Adaptive Cruise Control)

天候に左右されにくく、遠方の検知を得意とする「ミリ波レーダー」で前走車を検出し、車間距離を自動的に維持します。前走車が減速・停止すると自車も完全停止し、前走車が発進すると追従を開始します。

協調型 車間距離維持支援システム:CACC(Cooperative Adaptive Cruise Control)

ミリ波レーダーで車間距離を維持する事に加え、通信で前走車の加減速情報を受信します。それに基づき自車の加減速を制御し、車間距離をさらに安定的に維持します。

※いすゞ自動車と共同開発

高速道路における車線逸脱事故対策・ ドライバー負荷軽減に貢献

車線維持走行支援 :LKA(Lane Keep Assist)

カメラで白線を認識し、車線の中央を狙ったステアリング制御を行い、車線内の走行を支援します。全車速域に対応可能です。

構内における物損事故対策・ドライバー負荷軽減に貢献

GPSルート誘導

緯度、経度で表現された経路(ルートマップ)に沿うように、GPS情報をもとにハンドルを制御します。

自車・周辺環境の把握、車両・歩行者などとの接触事故対策に貢献

周辺監視システム

カメラやセンサーで自車の周辺環境を検知し、接触の危険性がある際はドライバーに注意を促します。

自車・周辺環境の把握、ドライバーの健康起因事故の対策

ドライバー異常時対応システム :EDSS(Emergency Driving Stop System)

ドライバーの健康起因事故の対策に貢献する技術として、ドライバーが急病等で運転継続が困難な場合に、車両を停止させるためのシステムです。開発した技術を段階的に実用化し、速やかな市場投入を行う予定です。

サイト内検索