search Global

自動運転技術が貢献できること

自動運転技術が解決に貢献できる様々な課題や、自動運転技術の活用例、実用化に向けた取り組みをご紹介します。

自動運転技術による効率化・省人化を通じて、様々な社会課題の解決に貢献します。

隊列走行

隊列走行とは、複数の車両が隊列を組み、速度調整やハンドル操作等の細かい作業を協調して行い、一定の距離を保って走行することを指します。自動運転技術により、隊列走行が容易に行えるようになることで、大量輸送による業務効率化や、自動制御による運転負荷の軽減に貢献します。

バス高速輸送システム:BRT(Bus Rapid Transit)

BRTとは、バス、PTPS~大量高速輸送システムのことです。BRTに役立つバス・技術の開発を進めています。

プラットホーム正着制御

バス停などのプラットホームに正着出来るよう、路面上の誘導線をカメラで認識し、自動ステアリング制御、自動減速による誘導で運転操作を支援します。

※いすゞ自動車と共同開発

サイト内検索