search Global

日野メンテナンスリース&リース車両向け専用保険プラン

日野メンテナンスリースは、日野のトラック・バスをベストコンディションでお使いいただくために、日野自動車とトヨタファイナンスが開発した日野車専用のリース商品です。
日野プレミアムサポートは、自動車保険(リースカー車両費用補償特約つき)に「日野オリジナル補償」が無償でプラスされる専用プランです。

  • 日野メンテナンスリース
  • 日野プレミアムサポート

日野メンテナンスリースだからできること

常に整備の行き届いた車両になる

日野販売会社の確かな技術で安心稼働をサポート

日野販売会社では、日野独自の故障診断機を用いた高度な故障診断力と日野車の整備に精通したサービススタッフによるきめ細やかで迅速な対応で、日野車をお使いいただくお客様の稼働を止めないサービス技術をご提供します。

安心の365日24時間体制でサポート

緊急トラブル発生時は日野自動車S.O.S中央コールセンターがサポートします。

お伺いした不具合内容、車両の状況から、以下を実施します。

  • 応急処置が可能な場合:通話時にその処置方法をアドバイスします。
  • 応急修理が必要な場合:最寄りの日野販売会社が現地へ出勤し、応急修理を行います。
  • 応急修理が困難な場合:レッカーにて日野販売会社へ車両を搬入し、修理を行います。
    (作業内容によっては翌日以降の営業時間内に修理する場合があります。)

アフターフォロー

契約証明書 「ご契約カード」をお届けします。
記載内容
・メンテナンス契約内容 ・メンテナンススケジュール ・日野自動車S.O.S中央コールセンター連絡先など
メンテナンスのご案内 メンテナンスの2ヶ月前にダイレクトメールをお届けします。
車両コストの管理が容易になり、資金計画が立てやすくなる
  • 車両の購入から維持管理に関するコストがリース料に一本化されるため、車両コストの管理が容易になります。
    また、リース期間中の支払額が定額となるため、資金計画が立てやすくなります。
  • 車両の購入資金を一括で支払う必要がありませんので、資金負担を軽減できます。
    また、銀行等の借入枠は事業資金などに有効活用できます。

リースに含まれる項目

〇:含む ×:含まない ▲:オプション

この表は横にスクロールできます

区分 項目 Rプラン Mプラン Sプラン
車両 車両代
付属品
登録諸費用 登録検査・納車費用
自動車諸税(期間中)
自賠責保険(期間中)
任意保険 自動車保険※
メンテナンスサービス 定期点検・車検
油脂類交換
指定消耗品交換
保守整備 ×
臨時整備 × ×
タイヤ・バッテリー交換
冷凍機・油圧機器メンテナンス

※お客様のご要望によって、契約内容に含めないことも可能です。

車両管理業務をさらに削減できる
  • 車両を所有すると、様々な管理業務が発生します。
    日野メンテナンスリースを導入されることで、煩わしい管理業務を大幅に削減することが可能になります。
    お客様の業務の負担を軽減し、貴重な人材を有効に活用していただくことができます。

メンテナンス業務がここまでシンプルに!

この表は横にスクロールできます

部門 項目 日野メンテナンスリース ファイナンスリース 購入
財務・経理 車両購入資金調達
車両登録諸費用支払
車両代支払
自動車保険料支払
自動車税納付
固定資産計上
減価償却費計算
車両維持費管理
車検・点検・整備費用支払
リース料支払
総務 車両登録諸費用支払手続き
車両代支払手続き
自動車保険加入手続き
自動車税納付手続き
自動車税納税証明書保管
車検・点検・整備費用支払手続き
リース料支払手続き
車両使用 車両整備状況確認
車検・点検・整備の日程管理
整備工場との折衝
車検・点検・整備の見積書確認
車検・点検・整備費請求書確認
整備工場への車両搬入・引き取り

※リース料を賃貸借処理した場合。尚、賃貸借処理の可否については、税理士等の専門家にお問い合わせください。

  • メンテナンスプラン
  • リース契約期間満了時の取り扱いについて
  • FAQ

メンテナンスプラン

Rプラン

  • 車検・定期点検整備に保守整備・臨時整備をパッケージ化したプランです。
  • 車両に関わるすべての費用を一本化、車両管理業務の削減にもお応えできるプランです。

Mプラン

  • 車検・定期点検整備に保守整備をプラス、故障の未然防止を重視したプランです。
  • 臨時整備の費用はお客様のご負担になります。

Sプラン

  • 車検・定期点検に油脂類の交換をパッケージ化したベーシックなプランです。
  • 保守整備・臨時整備の費用はお客様のご負担になります。

〇:含む ×:含まない ▲:オプション

この表は横にスクロールできます

区分 項目 Rプラン Mプラン Sプラン
定期点検 新車点検
3カ月点検
6カ月点検
12カ月点検
車検整備
油脂類交換 エンジン・オイル交換
ミッション・ギヤオイル交換
オートミッション・オイル交換
デフ・ギヤオイル交換
トランスファ&フロントデフ・ギヤオイル交換
パワーステアリング・オイル交換
ロングライフクーラント交換
ブレーキ・フルード交換
ハブベアリング・グリース交換
エンジンオイルフィルタ・エレメント交換
フューエルフィルタ・エレメント交換
工アクリーナ・エレメント交換
指定消耗品交換ほか バルブ交換
ワイパー・ゴム交換
シャシ下回り洗車
保守整備 タイヤローテーション ×
エンジン調整
ファン・ベルト交換
クーラー・ベルト交換
ラジエータ・ホース交換
パワーステアリング・高圧ホース交換
パワーステアリング・低圧ホース交換
フューエル・ホース交換
パーキングプレーキ・オーバーホール
ホイールシリンダ・オーバーホール
ブレーキマスタ・オーバーホール
ブレーキ・ホース交換
スタータ・オーバーホール
オルタネータ・オーバーホール
スタータリレー交換
工アコン・シーズンイン点検
クラッチマスタ・オーバーホール
臨時整備(例) エンジン・オーバーホール × ×
トランスミッション・オーバーホール
エキゾースト・パイプ交換
エキゾースト・プレーキ交換
マフラー交換
テールバイプ交換
クラッチ・レリーズ・シリンダ交換
クラッチ・ディスク交換
プレーキ・パッド&シュー交換
ショックアブソーバ交換
工アコン修理
臨時整備(例) シャシ下回り黒色塗装
タイヤ交換
バッテリー交換
冷凍機メンテナンス
油圧機器メンテナンス

※シビアコンディションの場合の点検整備は、大型・中小型営業用1カ月毎、中小型自家用3カ月毎に点検整備を実施します。

メンテナンスサービス(整備内容)に含まれない項目

  1. 日常(運行前)点検
  2. 洗車、ワックス掛け等の日常保守作業
  3. 塗装面やメッキ面の自然退色等の使用摩耗あるいは経時変化により発生する不具合
  4. 事故(接触も含む)に起因する修理、板金および塗装修理
  5. 走行中や保管中の衝突あるいは煤煙、薬品、鳥糞、塩害、降灰、酸性雨、飛石等の外部要因による不具合の修理および錆による腐食被害の修理
  6. マーカーランプ、タイヤランプ等の保安基準適合以外の灯火装置・灯火類の修理・交換
  7. 標準仕様以外の後付装置の点検・整備・交換の費用
  8. 日野自動車が認めていない使用構造等の改造に起因する故障修理
  9. 音、振動、オイルの滲み等の一般に品質、機能上影響がないと認められる感覚的な現象の修理
  10. 運転操作、取り扱い上の不注意に起因する故障修理(各種計器類が異常を示したにもかかわらず、適切な処置を講ぜず連続運行し、故障にいたった場合の修理/エンジンの過回転による故障・クラッチの早期摩耗など、オーバーヒート、オイル不足、エンジンウォータハンマーなど)
  11. 上物・特装部位の点検・整備・交換の修理
  12. シートのヘタリ、シートカバーの破れ等の修理
  13. 摩耗によるタイヤ交換
  14. パンク修理、チューブ交換、スペアタイヤ交換、タイヤの保管、ディスクホイール交換
  15. バッテリーの交換、バッテリーが原因の修理および出張費用
  16. 代車の提供
  17. 用品類等の購入および取付またはその修理(アクセサリー、各種添加剤、ウォッシャー液、その他ケミカル用品など)
  18. 故意または重大な過失、契約違反に起因する修理
  19. 地震、台風、水害などの天災および不可抗力に起因する修理
  20. 本契約締結後の法令の制定・改廃、官公庁の指示・指導に起因する修理、改造、部品の取り付け、点検整備など
  21. 緊急時以外の出張修理および夜間・休日・営業時間外の点検・修理
  22. レッカー料金
  23. 車両購入時の保証書により保証が適用される事項に関わる修理
  24. 指定サービス工場以外での整備・修理およびこれに起因する故障修理
  25. 所定のメンテナンスを実施しないことに起因する修理
  26. 自動車を使用できなかったことによる不便さおよび損失など(宿泊費、電話代、休業補償、商業損失など)

契約走行距離の設定について

  • 契約走行距離を設定した上でリース料を決定させていただきます。
  • リース期間途中で契約走行距離を変更する場合は、所定の変更手続きが必要となります。
  • 契約走行距離より実際の走行距離が多くなった場合は、契約走行距離を超えた時点よりオイル交換や部品交換などのメンテナンス費用は、お客様のご負担になります。
  • 契約走行距離を超過しますと、規定の超過走行料をご負担いただきます。

リース契約期間満了時の取り扱いについて

リース期間満了時には次のいずれかの選択をしていただきます。

  1. 1車両の返却
  2. 2再リース※による継続使用
  3. 3車両の買収(購入特約がある場合のみ)

※再リースの期間は1年または2年となります。
※再リースのメンテナンスは、Rプラン、Mプランの場合は8年まで、Sプランの場合は期限なくお受けします。

FAQ

  • Rプラン契約は全ての修理がメンテナンスリース契約の対象となりますか。
    事故修理やパンク修理など対象外作業があります。
    (対象外作業例)
    タイヤ交換、パンク修理、バッテリー上がりの修理、バッテリー液補充、ウォッシャー液補充、電気配線修理、シート関係部品、ドア関係部品、ETC、ラジオ、アンテナ、連結カプラー、トラクタージャンパーケーブル、PTO関係、冷凍機関係、冷凍機ベルト交換など
  • 契約走行距離を超過しても、メンテナンスを受けられますか。
    車検、定期点検は受けられます。
    オイル交換などの定期作業は、所定の回数までは、受けることができます。
    臨時整備や保守整備に掛かる費用はお客様のご負担となります。
    契約走行距離を変更すれば、メンテナンスを受けられるようになります。
  • 契約期間の途中でメンテナンスプランの変更はできますか。
    契約期間の途中でもメンテナンスプランの変更はできます。
    ただし、SプランからRプラン、Mプラン、MプランからRプランへの変更はできません。
  • メンテナンスリース契約を途中で解約できますか。
    契約期間の途中での解約はできません。メンテナンスだけの解約もできません。
  • 車両代を含まないメンテナンスのみの契約はできますか。
    メンテナンスのみの契約はできません。車両を含めたメンテナンスリース契約になります。
  • 契約期間中のオイル交換やオイルエレメント交換の回数は、増やしたり、減らしたりできますか。
    増やすことはできます。車両を良好な状態に保つために、回数を減らすことはできません。
  • メンテナンスリースは最長何年まで契約ができますか。
    RプランとMプランは再リースを含めて、新車登録から8年間です。
    Sプランは、年数に制限なく契約できます。
    中古車は新車登録からの年数にかかわらず、Sプランのみとなります。
  • 任意自動車保険もメンテナンスリ-ス契約に組み入れられますか。
    できます。リース用の保険もあります。
  • メンテナンスプラン
  • リース契約期間満了時の取り扱いについて
  • FAQ

リース車両向け専用保険プラン

リース契約に自動車保険を組み込めば、安心!節約!便利!
リース車両の安定的な運行に役立ちます。

※弊社は保険代理店ではありませんので、ご検討、ご加入にあたりましては最寄りの日野販売会社にお問い合わせ下さい。

  1. 1万一の事故時も自動車保険料コストを平準化
  2. 2全国ネットワークで安心稼働をサポート
  3. 3車両運行コストを一本化

新車(日野デュトロ-・日野レンジャ・日野プロフィア)をご契約のお客様へ
日野プレミアムサポート


※対象車種は日野プロフィア・日野レンジャー・日野デュトロになります。

日野オリジナル補償について

日野車をご愛顧のお客様だからこそ+αのサービスとワンランク上の安心をご提供いたします。
※本サービスは現金での支給はいたしません。

1修理費用差額補償サービス

事故で中途解約金(=車両保険金)を超える修理費用がかかった場合、車種別に設定した金額までの修理費用と中途解約金の差額を補償します。
※リース期間中1回限りご利用いただけます。

修理費用差額補償サービスの仕組み

2フロントガラス修理補償サービス

走行中の飛び石などによって受けたフロントガラスの破損やキズを補償します。補償額は5万円以内(消費税込み)です。

3タイヤパンク修理補償サービス

事故やいたずらによるタイヤのパンク損害(単独損害のみ)を補償します。補償額は1万円以内(消費税込み)です。

23はリース期開始期日を基準に1年毎にいずれか1回限りご利用いただけます。
※車両保険との併用は可能ですが、その場合、車両保険の免責金額への充当のみ可能です。

日野オリジナル補償が受けられない主な場合

  • 日野自動車販売会社以外の修理工場に入庫・修理した場合
  • リース期間終了後(解約・満了)の事故の場合
  • 事故発生後60日を経過した後に事故通知又は対象自動車の修理入庫がなされた場合
  • 対象自動車を実際に修理されない場合
  • 対象自動車に存在する欠陥、その他の自然消耗
  • 対象自動車の故障など

加入条件

日野オートリースをご契約の日野車(※1)

リース会社 トヨタファイナンス株式会社
リース種類 ファイナンスリース・メンテナンスリース
対象車種 日野プロフィア・日野レンジャー・日野デュトロ
用途 自家用・営業用

日野自動車販売会社(販売会社のグループ会社含む)で自動車保険に加入(※2)

特約 リースカーオープンポリシー特約・リースカー車両費用補償特約(※3)

※1 新車のみ。中古車・再リースは対象外です。
※2 自動車保険は日野自動車販売会社で指定する引受保険会社の商品です。
※3 特約名称等は引受保険会社により異なります。詳しくは引受保険会社の商品パンフレットをご覧ください。

サービス利用条件

日野自動車販売会社への入庫・修理
(全国のどの販売会社でもご利用いただけます)
保証書の提示

サービスの詳細は保証書記載のサービス約款をご覧ください。

・本内容は、「日野オリジナル補償」について記載したものです。
・ご契約にあたりましては必ず引受保険会社の商品パンフレットと重要事項説明書をご確認ください。

自動車保険 引受保険会社

以下、販売会社が取引を行っている保険会社となります。

  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • AIG損害保険株式会社
  • 共栄火災海上保険株式会社

個人情報の取扱

当社および販売会社は、本サービスの提供のために取得したお客様の氏名、対象自動車に関する情報その他の個人情報(以下、「個人情報」といいます。)を、本サービスの引受判断、本サービスの運営の目的で使用し、当該目的に必要な範囲で、書面又は電子媒体により、本サービスの提供に係る損害保険会社、並びに日野自動車関係会社であり事務運営会社(日野トレーディング株式会社)に第三者提供します。

記載の日野プレミアムサポート補償は2015年10月よりサービス提供しております。
記載の内容は予告なく変更することがあります。

18-TC 01037 2018年9月作成

HINO TOPICS

サイト内検索