日野環境チャレンジ2050

環境報告

再資源化段階の環境活動

自動車リサイクルへの取り組み

自動車リサイクル法

日野自動車は、2005年から施行された自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)を遵守し、多くの関係事業者のご協力のもと、使用済みの車両から発生するシュレッダーダスト(以下ASR)、エアバッグ類、フロン類の特定3品目の引き取りと適正なリサイクル処理を実施しています。

2016年度のASRのリサイクル率は98%となり、法定基準70%を達成しております。また、より解体しやすい車両構造の検討やリサイクル可能材料の採用など、開発段階から環境に配慮した製品づくりを進め、循環型社会の形成と資源の有効活用に継続的に取り組んでいます。

日野車のリサイクル料金

自動車リサイクル料金はこちら

自主取り組み

自動車のハイブリッド車のバッテリーにはレアメタル・レアアースが使用されています。

日野自動車では自主取り組みとして、ハイブリッド車バッテリーの回収・リサイクル(トヨタ自動車㈱が実施している回収・リサイクルシステムに参画)を実施しています。バッテリーに含まれる資源を有効活用することで、廃棄物の削減と循環型社会の構築に貢献しています。

ハイブリッド車バッテリーリサイクルはこちら