search Global

「平成29年度日本燃焼学会技術賞」を受賞

その他

2017年11月14日

日野自動車株式会社(以下、日野)は、このたび中小型ディーゼル車用の排出ガス後処理システムの開発において、「平成29年度日本燃焼学会表彰」(主催:一般社団法人 日本燃焼学会)の「技術賞」を受賞しました。

同賞は「燃焼応用技術の研究・開発に顕著な功績をあげた個人またはグループ」に対する表彰で、今回日野は「ディーゼル燃料を還元剤としたNOx後処理技術の開発」が評価されての受賞となりました。

「ディーゼル燃料を還元剤としたNOx後処理技術(DPR-Ⅱ)」は、ディーゼル車用の燃料である軽油を用いてNOxを低減し、PMはフィルターによって捕集することでNOxとPMを同時に低減できます。今回のシステムは、2010年に発売した「新DPR」に精密な触媒燃焼制御を加えることでNOx低減性能を大幅に進化させた世界にも類を見ない排出ガス後処理システムであり、2017年4月に発売した平成28年排出ガス規制適合の新型「日野レンジャー」および「日野デュトロ」に搭載されています。
また「DPR-Ⅱ」は、尿素水を使用しないため、尿素水補給の手間がなく、高い利便性を実現するとともに、尿素水タンクが不要なため架装に対する制約も少なく、お客様から高い評価を得ています。

受賞概要

受賞対象:「ディーゼル燃料を還元剤としたNOx後処理技術の開発」

開発担当者:
佐藤 信也   日野自動車株式会社 技術研究所
平林 浩    日野自動車株式会社 技術研究所
林崎 圭一   日野自動車株式会社 技術研究所
頓宮 浩史   日野自動車株式会社 エンジン設計部
田中 智史   日野自動車株式会社 エンジン設計部
小柳 善武   日野自動車株式会社 パワートレーン実験部
井上 勝治   日野自動車株式会社 パワートレーン実験部
地曳 武彦   日野自動車株式会社 パワートレーン実験部

排出ガス後処理装置「DPR-Ⅱ」

以上

HINO TOPICS

サイト内検索