Uniting our souls!! 「結束」

ラグビーのルール

15人制ラグビーのルール

1チーム15人の選手で構成され、楕円形のボールを奪い合って相手ゴールまで運び、得点を競うスポーツ。ボールを運ぶ方法はボールを「持って走る」「パスする」「キックする」の3種類のみ。選手交代は1試合7人まで。試合時間は前半・後半各40分、計80分で行われる。

得点方法
トライ〈T〉5点
相手のインゴールにボールを置く。
ゴール〈G〉2点
トライ後与えられるキック。Hゴールの間を通れば得点。
ペナルティゴール〈PG〉3点
相手の反則に与えられるゴールキック。
ドロップゴール〈DG〉3点
フィールドプレー中にボールを1バウンドさせてキックするゴールキック。
主な反則
スローフォワード
ボールを前方に投げる。
ノックオン
ボールを前方に落とす。
オフサイド
ボールより前にいるプレーヤーがプレーに参加する。
ノット・リリース・ザ・ボール
倒されたプレーヤーがボールを離さない。
モール、ラック
攻撃がタックルなどで止められると、ボールを奪い合うための密集ができる。ボールが地面に転がっている状態の密集をラック、立ってボールを奪い合っている密集をモールという。
スクラム
ノックオンやスローフォワードなどの反則があった場合、スクラムを組んでボールを奪い合い、試合を再開する。敵・味方合わせて16人の選手が組み合って押し合う、パワー対パワーの肉弾戦。ラグビーの象徴とも言えるプレー。
ライン攻撃
スクラムやラインアウトの後方でバックスがライン状になって待ち構え、フォワードが獲得したボールを華麗なパスワークで展開し、相手ディフェンスを突破する。
ラインアウト
ボールがタッチラインを越えると、ラインの外から投げ入れられるボールを奪い合い、試合を再開する。ラグビーの試合でボールを前に投げるのが見られる唯一の機会。
ラグビーボール
長さ
280㎜~300㎜
縦の周囲
740㎜~770㎜
横の周囲
580㎜~620㎜
重さ
410g~460g
Forward
スクラム・ラインアウトやブレイクダウン(密集でのボールの争奪戦)で活躍、ボールを奪い合うことが使命。前から順にフロントロー(第1列:123)、セカンドロー(第2列:45)、サードロー/バックロー(第3列:678)と呼ぶ。
Backs
フォワードが獲得したボールを前に進め、最終的に得点につなげるのが使命。前から順にハーフバックス/HB(910)、スリークォーターバックス/TB(11121314)、最後尾はフルバック/FB(15)と呼ぶ。
プロップ(PR)
1番3番
スクラムの最前列で左右からスクラムを支える重量級の選手
フッカー(HO)
2番
最前列中央でスクラムをリードし、ボールを後方に送る攻撃の起点
ロック(LO)
4番5番
スクラムの中心となる強力なパワーと、ラインアウト、キックオフ時の空中戦が得意な長身選手
フランカー(FL)
6番7番
常に走り回る機動力と突破力、強力なタックルが見所
ナンバーエイト(No.8)
8番
スクラムの最後尾からFWをコントロールし、自らトライも決める高い突進力
スクラムハーフ(SH)
9番
すばやいパス回しでゲームを展開。敏捷性とボールスキルが高い
スタンドオフ(SO)
10番
パス・キック、展開力、判断力、常に冷静に攻撃を組み立てるチームの司令塔
センター(CTB)
12番13番
パス、突破、キックによる展開力やタックルの強さが特長
ウイング(WTB)
11番14番
俊足のトライゲッター。チームの得点源
フルバック(FB)
15番
最後尾で守備を固め、攻撃時には積極的に攻撃参加

ページトップ