Uniting our souls!! 「結束」

2015-2016年シーズン

トップイースト vs 栗田工業 WATERGUSH

2015年11月08日(日)12:00 上柚木公園陸上競技場()

  • 日野自動車 RED DOLPHINS
    日野自動車 RED DOLPHINS
  • WATERGUSH
    栗田工業 WATERGUSH

:

14 トライ数2 ゴール数2 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
前半
10 トライ数2 ゴール数0 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
14 トライ数2 ゴール数2 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
後半
14 トライ数2 ゴール数2 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
RED DOLPHINS出場選手WATERGUSH
茂手木 亮1 PR
廣川 三鶴2 HO
村上 玲央3 PR
笠原 雄太4 LO
205 LO
庄司 壽之6 FL
177 LF
538 No.8
田川 明洋9 SH
君島 良夫10 SO
篠田 正悟11 WTB
6212 CTB
Brett Gillespie13 CTB
Marc Le14 WTB
河野 嵩史15 FB
リザーブ
得点選手トライ (T/5点) 
ゴール (G/2点) 
ペナルティゴール (PG/3点) 
ドロップゴール (DG/3点) 

第7節 栗田工業に辛勝

第7節を迎えたトップイースト、ここまで4勝2敗 勝ち点21 暫定順位「4位」の日野。
目標である「トップチャレンジ出場」の可能性を残すためにも、あと3試合「全勝」することが必須である。
雨天にも関わらず大勢のサポーターが見守る中、12時に栗田ボールでキックオフした。
雨の影響もありキック合戦となるが、日野は栗田の外国人選手を中心とした攻撃に苦しむ展開となった。

キックオフ直後は両チームとも慎重な立ち上がりとなったが、前半9分に日野がキックしたボールを栗田にカウンターされ先制トライを許した。(ゴール失敗 0-5)
16分、日野は栗田陣ゴール前5m付近からスクラムを押し込み、田川選手、篠田選手、マーク選手と繋ぎトライを挙げた。(ゴール成功 7-5)
その後、28分、マーク選手が危険なタックルでシンビン(10分間の一時退場)となり、日野は14名での戦いとなった。
33分、日野陣10m付近のラックサイドを相手選手が突破、オープンに展開されトライを許した。(ゴール失敗 7-10)
日野は前半終了間際、栗田陣ゴール前のラインアウトからモールを押し込みトライ!再び逆転に成功した。(ゴール成功 14-10)
前半は栗田のエリアマネジメントとカウンターに自陣での戦いを余儀なくされたが、日野は少ないチャンスを生かしリードすることができた。

後半も栗田のエリアマネジメントに苦しむ展開となった。
45分、日野陣10m、栗田ボールのスクラムから栗田ナンバーエイトが大きくゲイン、オープンに展開され逆転トライを奪われた。(ゴール成功 14-17)
58分、またもや日野は栗田陣ゴール前のラインアウトからモールを押し込み再々逆転トライ!
(ゴール成功 21-17)
61分、日野陣10m付近から栗田が展開、またもやナンバーエイトに大きくゲインされ、ボールを繋がれトライを許した。(ゴール成功 21-24)
必ず勝たなければならない日野は80分、栗田陣ゴール前のラインアウトからモールを押し込み4度目の逆転トライ!(ゴール成功 28-24)

ノーサイド。逆転に次ぐ逆転で勝利を収めた。

次節は11月28日、ヤクルトレビンズをホームグランドに迎える。残り2戦、必ず勝たなければならない戦いが続く!
皆様のご声援が選手一人ひとりの「大きな力」となっております!
引き続きサポートを宜しくお願い致します!

ページトップ