Uniting our souls!! 「結束」

2015-2016年シーズン

トップイースト vs SECOM RUGGUTS

2015年10月10日(土)13:00 日野自動車総合グランド()

  • 日野自動車 RED DOLPHINS
    日野自動車 RED DOLPHINS
  • RUGGUTS
    SECOM RUGGUTS

:

35 トライ数5 ゴール数5 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
前半
14 トライ数2 ゴール数2 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
24 トライ数4 ゴール数2 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
後半
7 トライ数1 ゴール数1 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
RED DOLPHINS出場選手RUGGUTS
加藤 凌悠1 PR
植村 健太郎2 HO
村上 玲央3 PR
笠原 雄太4 LO
土屋 眞5 LO
176 FL
藤田 哲啓7 LF
538 No.8
田川 明洋9 SH
君島 良夫10 SO
篠田 正悟11 WTB
Brett Gillespie12 CTB
苫谷 直樹13 CTB
Marc Le14 WTB
河野 嵩史15 FB
リザーブ
得点選手トライ (T/5点) 
ゴール (G/2点) 
ペナルティゴール (PG/3点) 
ドロップゴール (DG/3点) 

第4節 セコムラガッツに快勝!!

第4節を迎えたトップイースト、前節、横河武蔵野戦アトラーズ戦(日野グランドで実施)で快勝した日野は、ホームグランドでセコムラガッツ(以下セコム)を迎えた。10月に入り秋の気配漂う中、本日も多くの皆様にご来場頂き、13時、セコムボールでキックオフした。

開幕から3連勝でリーグ暫定「1位」と勢いに乗る日野は序盤からセコムを圧倒した。
5分、セコムゴール前ラインアウトからモールを押し込みテビタ選手が先制トライを挙げた。
(ゴール成功 7-0)
10分、セコム陣10mラインアウトからテビタ選手がラインブレイク!ガレスピ選手に繋ぎトライを挙げた。(ゴール成功 14-0)
12分、日野陣10m付近からターンオーバー(相手ボールを奪うこと)からガレスピ選手、篠田選手に繋ぎトライを挙げた。(ゴール成功 21-0)
16分、セコム陣22mラックからボールを大きく展開、君島選手、河野選手、藤田選手と繋ぎトライを挙げた。(ゴール成功28-0)
31分、中央付近のラックからガレスピ選手が力強いランニングで突破し篠田選手へ繋ぎトライを挙げた。(ゴール成功35-0)
ここから気の緩みからか、セコムの反撃を受けた。36分、22m付近のラックサイドを突破されトライを奪われた。(ゴール成功35-7)
前半ロスタイムには、中央付近から相手バックス選手に突破されトライを奪われた。
(ゴール成功35-14)
前半30分過ぎまではセコムを圧倒したがその後は受け身となった。

後半の立ち上がりもミスからなかなかリズムに乗れず受け身となった。
53分、日野陣ゴール前ペナルティからラックサイドを突かれセコムのトライを許した。
(ゴール成功35-21)
ここで気の緩みを締めなおした日野が反撃に出る。
57分、ラインアウトモールからサイドを突きテビタ選手がトライ!(ゴール成功42-21)
63分、中央付近でのこぼれ球をキックしたマーク選手がそのまま拾い独走トライを挙げた。
(ゴール成功49-21)
78分、セコム陣深くまで攻め込んだ日野はボールを展開、継続し最後はマーク選手がトライを挙げた。(ゴール失敗54-21)
終了間際には中央付近で相手ボールをターンオーバーするとボールを展開、最後は辻選手が相手ディフェンスをかわしトライを挙げた。ノーサイド。(ゴール失敗59-21)

いよいよ次節はトップイーストリーグの王者 三菱重工相模原ダイナボアーズと対戦する。
「トップリーグ」を目指すためには必ず勝たなければならない対戦相手、今シーズン最初の山場となる決戦でもある。最高のパフォーマンスで最強の相手に臨む!

試合当日はアウェイでの対戦となります。是非、皆様の応援を宜しくお願い致します。
皆様のご声援が選手一人ひとりの「力」となり勝利へと導きます!
引き続きサポートを宜しくお願い致します!

ページトップ