Uniting our souls!! 「結束」

2015-2016年シーズン

トップイースト vs 横河電機 横河武蔵野Atlastars

2015年10月01日(木)15:00 日野自動車総合グランド()

  • 日野自動車 RED DOLPHINS
    日野自動車 RED DOLPHINS
  • 横河武蔵野Atlastars
    横河電機 横河武蔵野Atlastars

:

19 トライ数3 ゴール数2 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
前半
8 トライ数1 ゴール数0 ペナルティゴール数1 ドロップゴール数0
26 トライ数4 ゴール数3 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
後半
0 トライ数0 ゴール数0 ペナルティゴール数0 ドロップゴール数0
RED DOLPHINS出場選手横河武蔵野Atlastars
加藤 凌悠1 PR
廣川 三鶴2 HO
村上 玲央3 PR
笠原 雄太4 LO
205 LO
西村 雄大6 FL
藤田 哲啓7 LF
庄司 壽之8 No.8
田川 明洋9 SH
調 建造10 SO
小澤 和人11 WTB
6212 CTB
Brett Gillespie13 CTB
Marc Le14 WTB
6615 FB
リザーブ
得点選手トライ (T/5点) 
ゴール (G/2点) 
ペナルティゴール (PG/3点) 
ドロップゴール (DG/3点) 

第3節 横河武蔵野アトラスターズに快勝!!

第3節を迎えたトップイースト、前節、日本IBMビッグブルー戦(日野グランドで実施)で快勝した日野はホームグランドで横河武蔵野アトラスターズ(以下横河)を迎えた。

先週に引き続き晴天の下、多くの皆様にご来場頂き、15時、日野ボールでキックオフした。
開幕から2連勝と勢いに乗る日野は、近年接戦を繰り広げている横河を相手に接点で圧力をかけ続けた。
6分、横河陣22m付近のラックからバックスへ展開し、今シーズン初先発のガレスピ選手が力強いランニングでトライを挙げた。(ゴール成功 7-0)
8分、横河陣10m中央付近でターンオーバーするとサムエラ選手、加藤選手とボールを繋ぎ、最後はガレスピ選手が2本目のトライを挙げた。(ゴール成功 14-0)

このまま勢いに乗りたい日野は優位に試合を進めるが、16分に横河にペナルティゴールを決められ、なかなか勢いに乗れない展開が続いたが、(ペナルティゴール成功14-3)
18分、横河陣10mラインアウトから展開し、ボールをキープし続けると最後はウイングのマーク選手がトライ!(ゴール失敗 19-3)
更に追加点を取りに行く日野は積極的に攻め込むがゴールラインを超えることができず、逆に前半ロスタイムに日野陣ゴール前ラックサイドからの連続攻撃により横河にトライを許した。(ゴール失敗 19-8)

後半に入ると日野がペースを掴み、得点を重ねる展開となった。
43分、横河陣22m付近ラックからボールを展開、山下選手が鋭いステップで横河ディフェンス網を突破しトライを挙げた。(ゴール成功26-8)
50分、敵陣22mラインアウトからモールを一気にゴールラインまで押し込み、横河の反則により、認定トライを挙げた。(ゴール成功33-8)
59分、グランド中央付近のスクラムからバックスへ展開、ガレスピ選手からトゥポウ選手とつなぎ、トゥポウ選手が45m独走してトライを挙げた。(ゴール失敗38-8)
64分、ターンオーバーから篠田選手が鋭いステップで大きくゲインすると、日野がボールをキープし続け、テビタ選手から西村選手と繋ぎトライ!(ゴール成功45-8)

前節の日本IBM戦同様、比較的ボールを継続できたが、終盤はミスが目立った試合であった。次節はセコムラガッツをホームに迎えて対戦する。横河戦での課題を修正し「更なる高み」を目指していく。

引き続き皆様のサポートを宜しくお願い致します!

ページトップ