人材育成

Human Resources Development

「自分らしく働き、成長する」ための支援プログラム。日野では、社員一人ひとりが、
しっかりとモチベーション高く働けるよう、人材育成にも力を入れています。

日野人材育成型 人事制度

面談では、社員一人ひとりが上司と個別面談を実施し、自身の強みやキャリアイメージ、それに向けて経験したい業務等を話し合う中で目標を設定します。面談制度は、評価・賃金・教育などと有機的に結びついています。こうしたサイクルを回すことで、ポテンシャルを最大限に発揮し、モチベーション高く、グローバルに活躍できる人材を育成するための制度です。

日野成長支援プログラム

人材育成のしくみ

主な教育・研修

新入社員導入研修
入社後、約2週間行う導入研修では、会社の経営理念をはじめ、組織や諸制度に関する講義や工場見学、ビジネスマナー講座など、日野の一員として必要な知識を習得します。その後、各工場で行う工場実習では、製造の現場に身を置き、ものづくりの精神を体得します。配属後は、新入社員一人ひとりに職場先輩がつき、OJT(On the job training)で、社会人としての基礎や仕事の進め方を学びます。月次レポートや、仕事上の改善取り組みを通し、約1年間職場全体で新入社員を育成します。
実務層向け研修
プロフェッショナルな人材の育成を目指し、実務担当レベルの社員を対象とした研修を実施しています。各分野における問題解決のプロを育成するため、日々の仕事と連動した研修プログラムにより、問題発見力や改善力を養うと共に、定期的に設ける課題発表会を通して、相互に切磋琢磨する場を設けています。
基幹職向け研修
高度なマネージャーと高度な専門スタッフの育成をテーマに、管理職レベルの社員を対象とした研修を実施しています。経営課題への正しい認識や、社員一人ひとりの能力を活かした組織運営、会社の方針の落とし込みなど、管理職に求められるマネジメントスキルと、より高度な専門能力を身につけます。
グローバル人材育成
  プログラム
グローバル人材育成プログラム
海外各地での生産・販売活動の進展にともない、グローバルに活躍できる人材の育成を進めています。語学教育支援を始め、選抜層を対象とする海外事業体への研修派遣、ローテーションプログラムを実施しています。
ページトップへ