道 | その一歩に想いはあるか。

いくら技術が進歩しても、
いくら時代が変わっても、
変えてはならないものがある。
それは、人を想いやる心。

私たち日野は、
そんなカタチにできない何かを、
一つひとつの車に載せて、
ここまで走ってきました。

お客様にとって喜ばしい車とは何か。
乗り手にとって頼もしい車とは何か。
作り手にとって誇らしい車とは何か。

道に迷いそうになったときや、
Y字路に差し掛かったとき。

私たちは、自分たちが持つ
屈強な意志だけでなく、
他人を想うという、しなやかな心で
歩むべき道を選んできました。

その一歩に想いはあるか。
その一歩は誰がためにあるのか。

常に前を見て、相手を想い、歩み続ける。
それが私たち日野の「道」です。

ページトップへ