トラックアイコン
  • 研究・企画
  • 製品開発
  • 生産技術
  • 調 達
  • 製 造
  • 営 業
  • 品質保証
  • 管 理

海外ディーラーに対する
部品供給と理念浸透。

海外部品部 地区担当室
欧阿・中東グループ

藤井 雄士
2011年 新卒入社

部品供給は、
サポート力の柱になっている。
社員画像日野自動車製のトラックやバスは、世界中のお客様にご使用いただいています。それら海外向けに販売した車の修理やメンテナンス用の部品を供給するのが私たちの役目です。しかし、ただ単純に部品を卸しているわけではありません。車両には非常に多くの部品が使われている中で、必要な部品を必要な数だけ供給することで、お客様のメンテナンス・修理をサポートしています。日野自動車は、お客様の車両稼働時間の最大化とメンテナンスコストの最小化のため、様々な面でお客様お役立ち活動を推進する、“トータルサポート”理念を掲げています。

その中でも、修理やメンテナンスへの対応は重要な柱と位置づけられており、その精神を海外ディーラーに浸透させていくことも職務の一つとなっています。特に、私が担当している中東地域では単に『売れればいい』という商習慣が残っている国もあり、『サポートする』というマインドが浸透していない場合もあります。そのため、繰り返しミーティング等を行い、トータルサポートに対する理解を促す必要があります。海外では粗悪部品が出回っている場合もあり、安さに惹かれたお客様が間違った修理やメンテナンスをしてしまうケースもあります。車両の安全性が損なわれ、使用いただく上で危険な状態に陥り、もちろん車両性能も低下するため、結果的に修理やメンテナンス費用が高くなってしまいかねません。良い商品を正しく使っていただくことが、結果的にお客様のメンテナンスコスト最小化につながることを継続的に啓蒙・訴求しながら、日野のサポート力の高さを世界中に伝えていきたいと考えています。
ページトップへ