トラックアイコン
  • 研究・企画
  • 製品開発
  • 生産技術
  • 調 達
  • 製 造
  • 営 業
  • 品質保証
  • 管 理

工程、人員、工具など。
最適な組み立て方を
見つける。

古河工場 組立部 管理グループ
石川 大輔
2010年 新卒入社

クオリティとスピード。
そして、安全性を考えていく。
社員画像組立部はトラック生産の最終工程です、車両の骨格となるフレームにアクスル、エンジン、キャブ、タイヤなど様々な部品を取り付け、車両を完成させていきます。その中での私の主な仕事は生産ラインの準備。必要となる作業工程や人員、工具などを考え、また車両構造からも組み立て方を最適化していくのが役割です。難しいのは、作る車両の種類が多いところ。トラックは、中型大型の違いだけではなく、タイヤの数や荷台の大きさ、種類なども異なってきます。その違いごとに使用する部品や工具も変わってくるので、生産準備の作業はとても複雑になります。それら一つひとつに対応し、どうしたらもっと早く、楽に組み立てられるかを日々考えているのですが、机に向かっているだけでは決して答えは見つかりません。作業者がどのような手順で組み立てを行っているか。どんな動き方をしているか。安全性は十分か。無理な姿勢で身体に負荷がかかっていないか。女性や高齢の作業者でも同様の作業ができるかなど。生産ラインをじっと観察しなければ、本当の答えにはたどり着けないのだと思います。

クオリティとスピードと安全性。全てを兼ね備えた生産ライン。いくら数学的に完璧な工程を導きだそうとも、作業を行う人が苦しい思いをしているのでは、いずれ品質に影響が出てきかねない。機械ではなく人が作るものだからこそ、現場を想い、作業者を想うことが、重要だと考えています。
ページトップへ