トラックアイコン
  • 研究・企画
  • 製品開発
  • 生産技術
  • 調 達
  • 製 造
  • 営 業
  • 品質保証
  • 管 理

世界中のあらゆる
条件下を想定した
パワートレーン評価を
実現する。

パワートレーン実験部
パワートレーンシステム実験室
エンジンシステム実験グループ

川鍋 里絵
2008年 新卒入社

モデルを開発し、
世界中のお客様に
貢献したい。
社員画像エンジンの動力を車輪に伝えるパワートレーンという装置。それを構成する部品の開発実験および、改良実験を行うのが私たちパワートレーン実験部です。その中で私が担当しているのが、エンジンのモデルベース開発。エンジン周りをモデル化することで、試験や評価をパソコン上でシミュレーションできるようにする仕事です。モデルを作るためには、まずは実機のエンジンを隅々まで理解しないと始まりません。その上で、数式化できないあらゆる現象を含めたモデルを作成します。再現度の高いモデルが開発できれば、費用や時間を大幅に削れるだけでなく、実機評価ではカバーしきれない海外での走行評価もより精密に行えるようになり、さらには、エンジンの品質向上にもつながります。つまり、この仕事は世界中のお客様に貢献できる仕事なのです。もちろん再現度が不十分な箇所も出てきますので、その場合は必ず実機での評価を行います。知識も経験も責任感も必要な仕事ですが、その道の先に、お客様の満足があるのであれば、私はどこまでも頑張っていける自信があります。
ページトップへ