環境性能・燃費性能

エコロジー&エコノミーな走りで社会に貢献。

写真はHX9JLBE。カラーリング(ドアを含む)などは撮影用特別仕様です。■写真は合成です。

尿素を使用しない(尿素フリー)、独自の環境技術で ポスト新長期排出ガス規制適合

エンジンのクリーン燃焼を徹底的に追求するとともに、尿素を使わないDPRによる後処理で、NOxやPMの排出量を低減。平成22年(ポスト新長期)排出ガス規制に適合するとともに、低燃費化の促進でCO2の排出量低減も実現しています。

自動車NOx・PM法ポスト新長期適合車

クリーンディーゼル技術に磨きをかけ 燃費基準達成

日野の誇るクリーンディーゼル技術で、優れた燃費性能を実現。平成27年度燃費基準を達成しています。

※:5速MT車のみ

自動車NOx・PM法ポスト新長期適合車 交通バリアフリー法適合 標準仕様ノンステップバス

燃費効率に優れた低回転・高トルクを実現。 J05Eエンジン

エンジンの高効率な燃焼、吸排気により、低回転・高トルク化を実現。スムーズな発進性を確保するとともに、低燃費走行にも貢献しています。

エンジン出力表示にはネット値とグロス値があり、「ネット」はエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したもので、「グロス」はエンジン単体で測定したものです。同じエンジンで測定した場合、「ネット」は「グロス」よりも低い値となります。

NOx、PMを大幅に低減。 DPR

高耐熱性セラミックフィルターで、PMを効果的に捕集。
排出ガスの全量を高耐熱性セラミックフィルターを通過させ、高いPM捕集率を実現します。
NOx浄化機能を追加し、NOxを削減。
NOxを低減する新触媒の採用に加え、後段酸化触媒を追加しています。
DPRの自動再生機能により、優れた使い勝手を実現。
ポスト噴射量をフィードバックし再生温度を確保する制御や、DPR再生中の排気温度を高めるATC(After Turbo Catalyst)を採用。DPRの完全自動再生を目指しました。(運転状況によっては、自動再生できない場合があります。)

※掲載の写真、数値は生産仕様と異なることがあります。詳しくは販売会社営業スタッフにご相談ください。

ページトップへ