ニュースリリース

2008年02月08日 No.08-005

HMM、アーカンソー工場のグランドオープニング式典を挙行

日野自動車株式会社(日野)の米国における製造子会社である日野モータース・マニュファクチュアリング U.S.A.株式会社(HMM)は、現地時間2月7日午前11時(日本時間8日午前2時)に、アーカンソー工場(アーカンソー州マリオン市)のグランドオープニング式典を同工場敷地内にて行いました。

式典は、アーカンソー州 M.ビービー知事、マリオン市F.フォグルマン市長、ウエストメンフィス市B.ジョンソン市長、Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc. (TEMA) 須藤誠一社長、取引先各社、地域関係企業などから多数の来賓が、また日野グループからは日野 近藤詔治社長、HMM 谷川康夫社長他が出席して盛大に執り行われました。

同工場はアクスルなどのトヨタ車向け部品の生産工場として2006年10月に稼動を開始、昨年5月には累計生産10万台(台数換算)に到達するなど、すでに順調な生産活動を継続しておりましたが、この程、新規部品の生産開始により フルライン生産体制が整ったのを契機にあらためて開所式を行うことで、地域社会をはじめとした関係者の皆さまに、同工場の安定稼動を報告したものです。

日野グループは、同工場の生産活動を世界の手本となるべく改善を続けながら、今後とも地域社会とお客様の発展に貢献してまいります。

 
HMMのアーカンソー工場の概要は、以下の通りです。

・所 在 地 アーカンソー州マリオン市
・敷地面積 約810,000m2(200エーカー)
・建屋面積 アクスル組立工場 約34,400㎡
プレス工場      約4,200㎡
・生産開始 2006年10月
・生産品目 デフ、リアアクスル、サスペンション関係部品
・生産能力 約30万台(台数換算)・2直/年
・投資総額 230百万米ドル
・従 業 員 約700名

                                                                                                                                    以上