ニュースリリース

2007年12月03日 No.07-037

日野自動車、中型トラック“日野レンジャー”シリーズに重量車燃費基準達成車を追加

~同時にエンジンイモビライザーの標準装備化などで商品力も向上~


日野自動車株式会社(以下 日野)は、中型トラック“日野レンジャー”シリーズに、「平成27年度重量車燃費基準」達成車を追加し、本日発売しました。

燃費基準達成車は、軽量・低燃費エンジン「J07E」(排気量6.4L) を改良して燃費を向上させ、重量車燃費基準値を達成したものです。エンジンの低回転・高トルク化とEGRクーラーの大容量化等により燃費を向上させております。

日野はすでに、2006年11月に発売した“日野レンジャー”シリーズで、国土交通省の低排出ガス重量車の中でも最高ランクの「NOx&PM10%低減」の認定を受け、クラス初※1の【排出ガス記号BDG】に適合しておりましたが、今回の燃費基準達成により新たにクラス初※2の【排出ガス記号BKG】に適合させたものです。これにより、自動車取得税率が2%※3軽減されます。
さらにアイドル・ストップ・システムを標準装備※4して、燃費を向上させるとともに排出ガスや騒音の低減も図っております。このアイドル・ストップ・システムは国の補助制度の対象になります。

また、全車にセキュリティに配慮したエンジンイモビライザーを標準装備し商品力の向上を図りました。エンジンイモビライザーは車両の盗難防止のために、キー本体に暗号発信機が内蔵されており、あらかじめ登録されたキー以外ではエンジンを始動できないようにしたセキュリティシステムです。

この他にもマルチ・インフォメーション・システム(運行中のドライバーに予防整備・故障診断等の車両情報を提供するシステム)を全車に標準装備し商品力を向上させております。

日野は今後ともお客様のお役に立てるトラック・バスをお届けしてまいります。


※1:GVW8tクラスのディ-ゼルトラック。発売当時(当社調べ)
※2:GVW8t~11tクラスのディ-ゼルトラック。11月末日現在(当社調べ)
※3:平成19年度末まで
※4:マニュアルトランスミッション車。オートマチック車と一部の特装車は除く

■ 東京地区希望小売価格( 代表車型 ) 
型式・仕様 エンジン・
トランスミッション
最大積載量 価 格
(消費税抜き)
日野レンジャー
BKG―FD7JLYA
ウイングバン完成車
標準キャブ・ハイルーフ
リーフサスペンション
〈写真添付〉
J07E<J7-ⅥA>
165KW(225PS)
6速マニュアル
トランスミッション
3,400kg 9,044,700円
(8,614,000円)
日野レンジャー
BKG-FC7JCYA
ダンプ架装・強化一方開
ショートキャブ
リーフサスペンション
J07E<J7-ⅣA>
154KW(210PS)
6速マニュアル
トランスミッション
3,850kg 6,402,900円
(6,098,000円)


■ 年間販売目標台数    
             15,500台 (日野レンジャーシリーズ全体)

                                                                                                       以 上
日野レンジャー BKG-FD7JLYA  ウイングバン完成車
日野レンジャー BKG-FD7JLYA  ウイングバン完成車

参考URL : http://www.hino.co.jp/ranger/index.html