ニュースリリース

2007年07月09日 No.07-020

日野自動車、大型トラック「日野プロフィア」追突被害軽減ブレーキシステム「プリクラッシュセーフティ」装備車のラインナップを拡大

日野自動車株式会社(以下、日野)は、大型トラック「日野プロフィア」の「プリクラッシュセーフティ」※1装備車のラインナップを拡大して本日より発売しました。


従来「プリクラッシュセーフティ」装備車は、長距離高速輸送用の中心的な車型である後2軸・1軸駆動車(6×2)の「FR」型車のみに設定しておりましたが、今回、比較的軽積載の長距離輸送などに使われる前2軸・後1軸駆動の「FN」型車、冷凍冷蔵車などで使われる低床4軸(8×4)の「FW」型車、ならびにトラクター(4X2)の「SH」型車※2にも設定を拡大したものです。
また、排気量13Lの「E13C」エンジン搭載車に加え、軽量・低燃費エンジン「A09C」搭載車への設定も今回新たに行いました。
今回の設定拡大で、「プリクラッシュセーフティ」装備車は15車型から92車型になり、さらに多くの輸送形態のお客様に先進の安全システムをご活用いただくことが可能となりました。  

「プリクラッシュセーフティ」は、コンピューターが進路前方車両や障害物との追突危険を判断し、警報音と警報ブレーキでドライバーに注意を喚起、追突回避操作を促進するとともに、ドライバーによるブレーキ操作が無く“追突の可能性が高い”と判断した場合には、コンピューター制御により強力なブレーキを作動させ速度を低減させながら、追突時の被害を軽減する先進の安全システムです。日野は、この追突被害軽減ブレーキシステム「プリクラッシュセーフティ」を、2006年2月に世界で初めて大型トラックに装備して発売しております。

なお、「プリクラッシュセーフティ」装備車を事業用に導入する場合、平成19年度は国土交通省の
助成制度があり、さらにトラック協会会員は全日本トラック協会の助成も併せて受けることが可能です。

日野は、安全フロントランナーとして、今後ともより安全なトラックをお届けしてまいります。

※1: 「プリクラッシュセーフティ」はトヨタ自動車㈱との共同開発。
※2: SH型トラクターの発売は10月予定。
(トレーラーの姿勢安定を図るため、ビークルスタビリティコントロール(VSC)とセットオプションになります.。)

■東京地区希望小売価格 ( 代表車型 )
型式・仕様 エンジン・トランスミッション 車両総重量 消費税込み価格
(消費税抜き価格)
BDG-FW1EZYG
ショートキャブ
ウィングバンLOBOX完成車
リアエアサス
(写真添付)
E13C(ET-Ⅱ)
279kW(380PS)
Pro Shift(プロシフト)12
プリクラッシュセーフティ装備車
25t 19,282,200円
(18,364,000円)
BKG-FN1AWXG
標準キャブ
キャブ付シャシ
リアエアサス
A09C(AT-Ⅱ)
235kW(320PS)
7段マニュアルトランスミッション
プリクラッシュセーフティ装備車
20t 15,364,650円
(14,633,000円)
BDG-SH1EDXG
ハイルーフキャブ
トラクター
リアエアサス
E13C(ET-Ⅶ)
331kW(450PS)
Pro Shift(プロシフト)12
プリクラッシュセーフティ装備車
第5輪荷重
11.5t
15,538,950円
(14,799,000円)


■国内販売目標台数
    
      12,000台/年 (「日野プロフィア」シリーズ全体 2007年度販売目標 )

                                                                                                                             以 上
日野プロフィア BDG-FW1EZYG E13Cエンジン プリクラッシュセーフティ装備車
日野プロフィア BDG-FW1EZYG E13Cエンジン プリクラッシュセーフティ装備車