ニュースリリース

2007年04月04日 No.07-010

日野自動車、お客様指定色のキャブ塗装を自社ラインで実施する「日野カスタムカラー」サービスを開始

― キャブ塗装のインライン化により、高い塗装品質および短納期を実現 ―


日野自動車株式会社(以下、日野)は、自社生産ラインで大型トラックおよび中型トラックのキャブ(運転室)をお客様指定の塗色(カラー)※1に塗装する「日野カスタムカラー」サービスを5月7日より開始します。メーカーの生産ラインにおいてキャブ塗装を行うことにより、安定した高品質を確保し、さらにお客様への車両の納期短縮※2にも貢献します。

トラックは事業主であるお客様が自社のイメージやアイデンティティを伝えるビジュアルコミュニケーションの手段として、固有のカラーを採用するケースが一般的です。一方、メーカーで生産するトラックはキャブを標準色(ホワイト)に塗装して工場から出荷するため、お客様指定色のほとんどが工場出荷後に社外※3で塗装されていました。
今回の「日野カスタムカラー」は、メーカー生産ラインにおいてロボットによるメラミン焼付け塗装を行うことにより、安定した高品質塗装を短納期で実施するサービスです。
さらに日野は、お客様のご要望に応じ、ボデーも含めたトータルカラーデザインも提案し※4、お客様の“お役に立つサービス”の拡充に努めて参ります。


■ 「日野カスタムカラー」サービスの特長

・お客様指定色を「日野の純正色」として登録した上でインライン塗装するため、“色むらが無い”“ツートーン(2色)塗装時のライン際(境界)仕上げ精度が高い”等の“安定した高い塗装品質”を実現。

・また塗装後のキャブは、紫外線による色あせに強い“耐候性”や洗車ダメージ等に強い“耐久性”を発揮。

・生産工程で塗装するメリットを活かし、ドアの内側やステップ個所等 “細部にまでおよぶ高精度仕上げ”と 標準色同等の生産・出荷リードタイムによる“短納期化”を実現。

・「ソリッド」※5に加え、順次「メタリック」「ツートーン」塗装に対応。

・「ツートーン」は、大型トラック「日野プロフィア」、中型トラック「日野レンジャー」のキャブで最も見栄えがするデザインパターンを設定。

・1台から「お客様指定色」のキャブ塗装に対応。

・一度登録した「お客様指定色」はデータベース化して、次回以降も同等の塗装品質を確保。
 

※1: 一部対応できないカラーもあります。 
※2:「お客様指定色」の事前登録が必要です。
※3: 架装メーカー等。          
※4: 関連会社の㈱アトラデザインがデザインを担当します。
※5: 赤、青等の「単一」のカラー。


■ 東京地区希望価格(消費税込み)
   
ソリッド 80,000円   メタリック 100,000円    ツートーン 100,000円

                                                                                                                                      以上

参考URL : http://www.hino.co.jp/profia/yusou/idx03.html