ニュースリリース

2007年03月02日

バスにおける不正車検取得に関する調査報告について

                                                                                                               日野自動車株式会社


標記の件、平成19年1月23日付の国土交通省の通達に基づき、本日、国土交通省に調査結果を報告致しました。
本件に関する当社のコメントは以下の通りです。

・国土交通省からすでに発表されている様に、過去3年間に遡って調査した結果、不正な手段による自動車検査証取得のあったと思われる車両が34台判明致しました。この様な事実があった事を大変遺憾に思います。
当該車両については、販売会社・ボディメーカーと協力し、当該車両の使用者のご理解を得て、早急なる改修作業を実施致します。

・当社としては、コンプライアンスの観点から商談、受注、出荷の各段階における重量のチェックルールの明確化を図ることが必要と判断し、平成17年9月以降、管理強化を実施致しました。その結果、それ以降は基準を超過する車両の出荷はありませんが、今後はメーカーとしても責任をもって仕様適否の判断ならびに完成検査結果の確認を行います。

・今回の国土交通省からの厳重注意を真摯に受け止め、二度とこのようなことを起こさないよう、販売会社・ボディメーカーに対する管理監督責任を果たすと同時に、日野グループとして更なるコンプライアンスの徹底に努めて参ります。
    
                                                                      以上