ニュースリリース

2006年01月16日 No.06-003

日野自動車、パリダカ16年連続完走達成、カミオン部門排気量10リッター未満クラスでトップ

日野自動車株式会社(以下 日野)は、去る12月31日にリスボンをスタートし、1月15日にダカールでゴールの2006年ダカールラリー(正式:ユーロミルホー・ダカール2006/通称パリダカ)に、2台の「日野レンジャー」で参戦し、16年連続完走を達成、またカミオン(トラック)部門排気量10リッター未満クラスでトップでゴールしました。

日野は、世界一過酷といわれるパリダカに、1991年から市販車ベースの車両で参戦し、様々な険しい自然環境を走破することで日野車の“信頼性”“耐久性”を、また排気量が倍以上もある他のメーカーのモンスターカミオンに対し互角以上のレースをすることで“日野の技術力”の高さを証明してきました。今大会での記録更新により、世界に向けて日野の技術力・商品力を改めて実証いたしました。

尚、レース詳細は、日野HP(http://www.hino.co.jp/j/brand/race/dakarrally/index.html)にてレポートを掲載しています。ご覧下さい。


【パリダカカミオン部門総合最終上位成績】
出場台数 69台
完走台数 33台
総合順位 ドライバー(メーカー)
1 チャギュイン(カマズ)
2 ステイシィ(マン)
3 カビロフ(カマズ)
4 アヴェゼベド(タトラ)
5(1) 菅原義正(日野)
6(2) ビスマラ(メルセデス)
7(3) 菅原照仁(日野)
8 エスター(マン)
9 サドラウラー(マン)
10(4) ライフ(マン)
( )内「排気量10リッター未満クラス順位
(写真)過酷なレースを終え「16年連続完走」「カミオン部門排気量10リッター未満クラストップ」を成し遂げた日野レンジャー


(参考)日野、パリダカ戦歴:
日野レンジャー(1991年~2006年)
1991年国内トラックメーカーとしてパリダカ初参戦。1994年にはカミオン部門総合準優勝。翌1995年も連続準優勝を遂げる。1996年からは総合優勝を目標に掲げ体制を強化し、1997年、カミオン部門では史上初となる1位2位3位独占という快挙を成し遂げました。その後もカミオン部門総合準優勝を3回獲得するなど、カミオン部門のトップチームとして活躍を続けている。また、1996年~2002年まで設定された同部門排気量10リッター未満クラスでも7連覇。その後2年間は、排気量別クラス分けが統廃合されたものの、2005年に再設定されて以降、連続トップ。

出場回数 大会
年度
コース 総走行距離
(km)
出場
車両
成績

(カミオン部門総合/
排気量10リッター未満クラス)
16 2006 リスボン~ダカール 9,043







5位・7位/1位・3位
15 2005 バルセロナ~ダカール 8,956 2位・6位/優勝・3位
14 2004 クレルモンフェラン~ダカール
10,411
5位/クラス別なし
13 2003 マルセイユ~シャルムエルシャイク
8,602
5位/クラス別なし
12 2002 アラス~マドリッド~ダカール
9,440
3位/優勝 (クラス優勝7連覇)
11 2001 パリ~ダカール
10,873
2位/優勝
10 2000 パリ~ダカール~カイロ
7,880
5位/優勝
9 1999 グラナダ~ダカール
9,441
4位/優勝
8 1998 パリ~グラナダ~ダカール
10,570
2位/優勝
7 1997 ダカール~アガデス~ダカール
8,051
優勝・2位・3位/優勝・2位・3位
(カミオン部門史上初制覇)
6 1996 グラナダ~ダカール
7,579
6位・11位/優勝・2位
5 1995 グラナダ~ダカール
10,067
2位/クラス別なし
4 1994 パリ~ダカール
13,398
2位/クラス別なし
3 1993 パリ~ダカール
8, 877
6位/クラス別なし
2 1992 パリ~シルト~ケープタウン
13,015
4位・5位・6位・10位/クラス別なし
1 1991 パリ~トリポリ~ダカール
9,186
7位・10位・14位/クラス別なし


以上